本文へ移動

今日のニュース

事業停止の鹿角パークホテル 市長「再開へ積極支援」 鹿角市9月議会・一般質問 5氏が質問

2020-09-15
鹿角パークホテルの再開動向などをただした鹿角市9月議会の一般質問(市役所)
 鹿角市の9月定例議会は14日、本会議を再開して5議員が一般質問を行った。児玉一市長は、今春の緊急事態宣言期間に事業停止となった鹿角パークホテルについて、新たな経営体による再開に向け「可能性のある企業等に相談している」と前向きに交渉している状況であることを説明した。
 金澤大輔(鹿真会・公明)、成田哲男(誠心会)、舘花一仁(清風会)、兎澤祐一(鹿真会・公明)、田中孝一(清風会)の5氏が質問。同ホテル再開の動向は成田、田中両氏が取り上げた。
 同ホテルは5月1日に事業を停止し、破産手続きが進められている。
 児玉市長は「宿泊機能だけでなくコンベンション施設として利用される機会も多く、中心市街地の活性化にも大変重要な機能を担っていた。市内各種団体や周辺の飲食店等から早期再開を望む声が数多く上がっている」と説明。
 再開に向けては、6月定例会の一般質問で「地域経済の回復のためにも、新たな経営体によって再開されることが最良であると考え、私自ら可能性のある方に相談しているところ」と答えている。
 この日の答弁では「コロナ禍に加え、施設が老朽化していることもあり、同ホテルの再開は非常に厳しい状況にあるが、可能性のある企業等に相談しているところ」と述べ、「有力な相手が見つかり次第、一刻も早く再開できるように、積極的に支援していく」との考えを示した。
 再開時期のめどについては「大事なところなので、ここでいつまでというのは控えさせていただく」とした。
 金澤氏は、2018年10月にかづの厚生病院の出産取り扱い機能が大館市立総合病院に集約されたことを受け、市が創設した市立総合病院に通院する際の交通費(最大1万2000円)と宿泊費(最大1万5000円)を支援する妊婦等交通宿泊費助成制度を取り上げた。これまでの実績は交通費が251件で、宿泊費の利用はなかった。
 陣痛時におけるタクシー費用全額助成の追加について豊田憲雄健康福祉部長は「事業者の意向を確認しながら可能かどうか検討したい」と答弁。
 児玉市長は「現在、妊産婦を対象にアンケートを実施しているところ。寄せられた意見を反映しながら実情に合わせた制度の見直しを検討していく」との考えを述べた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る