本文へ移動

今日のニュース

視点・コロナ禍の高卒就職 高まる県内志向 選考延期で対応進む 企業は人材確保の好機

2020-09-13
各校では就職試験に向けて模擬面接会を開き、対策を進めている(大館桂桜高校)
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、高校生の就職事情が様変わりしている。感染者が多い大都市圏を敬遠し、県内就職志向が高まっているほか、選考日程が9月から1カ月延びたことで面接などへの対応の変化もみられる。北鹿地方では、優秀な人材を確保する好機と前向きにとらえ、求人募集に力を入れる企業も。前例のない就職活動に挑む現場の声を聞いた。
 全国での感染拡大を受け、厚生労働省は企業への応募書類の提出開始日を9月5日から10月5日に、企業による選考・内定開始日を9月16日から10月16日にそれぞれ変更した。選考時期の変更について、大館桂桜高校(片岡俊仁校長)の生徒は「特に影響はない」「準備する期間が増えたので良かった」との意見が大半だが、県外就職希望の生徒からは「準備期間が増えたのは、他の高校も同じ。みんな必死になって面接に備えていると思うと不安」(サービス業希望)と話し、選考日程が1カ月延びた分、短期決戦に突入せざるを得ないとの思いもあるようだ。同校ではPTA、大館ロータリークラブ、同窓会の協力の下、模擬面接会を開くなどして対策を徹底。オンラインの説明会や面接に対応した設備を充実させ、生徒の不安解消に努めている。工藤崇進路指導主事は「1カ月選考が延びたことをプラスととらえ、生徒が希望した職を勝ち取るとともに、会社にとって〝欲しい人材〟になれるよう、ぎりぎりまで指導していく」と話した。
 同校によると本年度(8月末時点)の就職希望者109人のうち、管内・県内希望は66人、県外希望は30人。県外希望は前年度(51人)と比べると、現時点で21人減少している。県外の求人数はコロナの影響を受けた航空機産業、観光業などで大きく減少。近年は少子高齢化による人手不足から「売り手市場」が続いてきたが、今年は景気の落ち込みが影響しているとみられる。県内は宿泊業や飲食業で減少しているが、同校の生徒が希望する職種では大きな影響はないという。
 「両親から都内はやめてほしいといわれ、自分も安全を考え、市内での就職を希望した」(医療・福祉関係希望)と就職先を変更した生徒もいるが、「地元を離れたくなく、市内に安定した魅力的な企業があるため、県外に出る必要がない」(製造業希望)との声も。片岡校長は「地域貢献活動など『地域に根ざした教育』により、古里への愛着や県内企業の魅力が生徒へ浸透しているとともに、コロナ禍への不安から就職先を県外から県内に変更しているとみられる。今後も県内外の企業と連絡を密にするなど、つながりを強化し、生徒が希望する職種に就けるようサポートしていく」と述べた。
 全国的に業績が悪化する企業が多い中、県内就職者の増加に期待し、受け皿を広げている地元企業もある。大館市二井田のニプロ大館工場(小林京悦工場長)は、「秋田から世界へ医療機器を発信するため、より一層、量産体制を構築し、今まで以上に求人募集を行っていく」としている。小林工場長は「県内には、国内そして海外で活躍する企業がたくさんある。県外のみならず、地元で皆さんの実力を発揮してほしい」とエールを送った。
 新型コロナを機に高まった地元就職志向を一過性で終わらせないために、さらなる企業の情報発信、生徒の情報収集が求められる。人口減少が進む中、地元における双方の積極性が、より必要となりそうだ。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る