本文へ移動

今日のニュース

病院事業の赤字幅拡大 コロナ影響「厳しい状況」 大館市19年度決算 監査委が意見書

2020-09-12
福原市長㊨に意見書を提出する芳賀委員ら(大館市役所)
 大館市監査委員(芳賀利彦代表監査委員)は11日、2019年度の一般・特別会計と公営企業会計の決算審査意見書を福原淳嗣市長に提出した。病院事業会計について「損益は消費増税や扇田病院の患者数減少の影響などで赤字幅が増加している」と指摘。新型コロナウイルスの影響で経営は極めて厳しい状況にあるとし、経営の健全化に取り組み、総合、扇田両病院の機能分担と連携による医療の提供を求めた。
 一般会計の実質収支は23億172万円の黒字、単年度収支は6億2957万円、実質単年度収支は6億2817万円のの黒字となった。
 普通会計の財政指標のうち、財政構造の弾力性を判断する経常収支比率は前年度比0・9ポイント悪化の91・7%で、2015年度まで改善傾向にあったが、ここ数年は再び上昇傾向にある。財政力指数は前年度と同じ0・42、実質収支比率は8・2%で2・9ポイント上回った。実質公債費比率は前年度と同じ8・5%で、「毎年改善されているが、本庁舎建設事業などによる市債の借り入れに伴い、数値の上昇が予測される」とし、「中・長期視点に立った計画的な事業の執行で将来の市債残高や公債費などの抑制に努めてほしい」と求めた。
 市税と国民健康保険税を合わせた収入未済額は前年度比8034万円(16%)減の4億2033万円、税外の収入未済額は1893万円(22・8%)減の6418万円。「特別滞納対策室との連携効果もあり年々減少しているが、長期滞納者への対策など未収債権の縮減を望む」とした。
 公営企業4会計のうち、病院事業は2億9684万円の純損失で前年比2648万円(9・8%)増。患者数は総合、扇田病院ともに入院が減少し、外来が増加した。病床利用率は総合病院が65%で前年度比1・2ポイント減。扇田病院は79%で6・7ポイント減だが、全国の類似病院と比較すると一般・療養病床ともに高い利用率となった。意見書では「経営改革プランに基づき経営改善に取り組むなどしているが、新型コロナウイルスの影響などで病院事業経営は極めて厳しい状況にある。運営の効率化と一層の経費削減を図り経営の健全化に取り組むとともに、両病院の機能分担と相互連携により安心安全な医療提供を望む」とまとめた。
 19年度決算認定案は14日の9月議会本会議に上程される見通しで、議会は同日に一般・特別、企業両会計の決算特別委員会を設置する。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る