本文へ移動

今日のニュース

地域に元気と笑顔を 3カ月遅れの北鷹祭 仮装行列練り歩く

2020-09-12
仮装をして市街地を練り歩く生徒たち(北秋田市住吉町)
 北秋田市の秋田北鷹高校(青山仁校長)で11日、第10回北鷹祭が開かれた。新型コロナウイルスの影響で校内の一般公開は行わず、約3カ月遅れて実施。恒例の仮装行列では、生徒たちがテーマごとの衣装を身にまとって学校周辺を練り歩き、住民に元気を届けた。
 今年の北鷹祭のテーマは「Cheerful~地域を盛り上げ元気と笑顔を届けよう~」。開催規模の縮小により、保護者や住民たちへの唯一の活動披露の場となった仮装行列では、生徒たちが協力して準備作業にあたり、本番に臨んだ。
 仮装行列は学校統合前の鷹巣農林高で行われていた名物イベント。仮装のテーマは地域や社会的な問題を絡めながらクラスごとに設定。18クラスが3年生から順に学校を出発し、感染防止に配慮しながら市役所前や商店街を1周した。
 生徒たちはおもちゃをイメージしたキャラクターの仮装やクラスでそろえたTシャツを着たり、段ボールで作った「大太鼓」を複数人で担いだりして練り歩いた。中にはエコバッグそのものになって「資源保護のためにエコバッグを持とう!」と主張するクラスもあり、ユーモアあふれる仮装で住民を楽しませた。
 沿道には開始前から徐々に人が集まり、生徒たちを見守った。生徒たちが歌やダンスなどのパフォーマンスをしながら笑顔を振りまくと、住民たちも笑顔になっていた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る