本文へ移動

今日のニュース

約3週間の夏休みに 北秋田の小中学校 北鹿で最も遅く 終業式で目標発表

2020-08-01
終業式でマスクを一時的に外して校歌を歌う生徒たち(北秋田市合川中学校)
 北秋田市、上小阿仁村の多くの小中学校で31日、終業式が行われた。4、5月の臨時休校に伴い、北鹿地方では最も遅く1日から24日まで約3週間の夏休みになった。児童生徒らが待望の夏休みを前に学校生活の振り返りや今後の目標などを発表し、1学期を締めくくった。
 合川中学校(嘉藤貴子校長、全校生徒108人)で行われた終業式では、窓が開放されセミの鳴き声が聞こえる体育館に生徒たちの校歌が響いた。各学年から1人ずつ登壇し、「勉強と部活を両立したい」「一日一日を大切にする」「充実した夏休みを過ごして2学期に最高のスタートを切りたい」などと発表。このほか職員がスマートフォンの使用や交通事故など、夏休みの過ごし方について注意事項を伝えた。
 同校では例年、夏休み中に地域で行われる「合川まと火」で、まと火の点火作業や祭り中に披露される通り踊りに参加している。今年は新型コロナウイルスの影響でまと火が中止となるほか、普段は1学期や夏休み中に受け入れる各種ボランティアの募集もほぼなくなったという。
 生徒会長の河田晃和(あきと)さん(3年)は「常に新型コロナの影響を考える、いつもとは違う学校生活だった。短い夏休みでも受験に向けて計画的に勉強を進めるほか、家の手伝いを頑張りたい」と話していた。
 始業式は市と村の小中学校でいずれも24日に行われる。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る