本文へ移動

今日のニュース

1カ月ぶり広々遊び場 親子の笑い声響く 大館市の子育て支援施設 コロナ対策を施し再開

2020-05-24
広い空間でのびのびと遊ぶ親子(つどいの広場ひよこ)
 大館市の地域子育て拠点施設4カ所と児童厚生施設4カ所が21日、自由来館の受け入れを再開した。新型コロナウイルス緊急事態宣言を受け、集団感染防止と予防対策のため4月25日から休館を続けていたが、約1カ月ぶりに開館した。訪れた親子らや職員が顔を合わせ「久しぶり」「大きくなったね」などと再会を喜ぶ一方、「まだまだ気が抜けない」など不安が残るとの声も聞こえた。
 有浦児童館内のつどいの広場ひよこでは、開館時間を短縮して再開。昼前から徐々に親子連れが訪れ、三つの密を避けながらお気に入りの遊具で遊ぶ姿などが見られた。
 大館市の藤嶋美希さん(31)は10カ月の娘・鈴ちゃんと来館。「子どもが歩き始めたばかりなので、広い空間は安心して遊ばせられる。久しぶりにほかの親子や職員さんと交流できてうれしい」と笑顔を見せた。同市の40歳代女性は「休館前は週1~2回は来ていた。これまであまり外に出ず、自宅で遊んでいたので開館が待ち遠しかった」と話し、のびのびと遊ぶ1歳の娘を見守っていた。
 感染防止対策として、入り口に来所前の検温や水分補給以外の飲食禁止といった利用者への注意書きを掲示し、利用する際は住所や電話番号などの個人情報、2週間以内の県外訪問の有無などの記入を求める。おもちゃや絵本などのアルコール消毒も徹底している。
 入館制限はしていないが、職員側も来館者との接触には気を配っている。同館職員の奥山由美子さんは「引き続き対策をしていくが、そのときそのときで対応していかなくてはいけない。緊張が抜けない」と話していた。
 このほか21日から再開した子育て支援施設は、城南子育て相談室「つくしんぼ」(城南保育園分園)、扇田地域子育て支援センター「わいわいキッズ」(扇田保育園)、たしろ子育て支援室「きりん」(たしろ保育園)。児童厚生施設は比内児童館、西館児童館、たしろ児童館、はやぐち児童館が再開した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る