本文へ移動

今日のニュース

コミュニティー・スクール 本年度、市内全校で導入 北秋田市

2020-05-23
学校運営協議会委員の委嘱状交付式(鷹巣小)
 北秋田市内の小・中学8校が本年度、学校運営協議会制度(コミュニティー・スクール)を導入する。前年度に導入済みの6校と合わせて全14校で実践することになり、住民と力を合わせ「地域とともにある学校」づくりを市全体で目指す。
 学校運営協は関連法の改正(2017年4月施行)に伴い制度化。設置が各教育委員会の努力義務となり、全国で取り組みが進められている。学校運営に地域の声を積極的に生かし、地域と一体となった特色ある学校づくりが期待されている。
 市教委は1年間の準備期間を経て18年度に小学5校と中学1校に導入していた。本年度は残る鷹巣中央、鷹巣、鷹巣南、米内沢、前田の小学5校と鷹巣、森吉、合川の中学3校で計画した。
 各校が本年度の初会合を順次開催している。委員の委嘱や、今後の協議の前提となる校長の基本方針説明、委員による基本方針の承認を行い、活動をスタートする。
 鷹巣小(木下隆校長)は民生児童委員代表やPTA会長、地域の公民館長、スクールガード、児童館職員、地域コーディネーターら11人を委員に委嘱した。佐藤昭洋教育長が一人一人に委嘱状を手渡し「地域で培ってきた活動をベースに(学校と地域の)双方が活性化することを願う」とあいさつした。
 この後、木下校長が学校教育目標「豊かな心、確かな学力、すこやかな体の子どもの育成」について説明。最重点施策や本年度の重点施策を示し、委員から意見や要望を聞いた。
 文科省のまとめによると、19年5月時点で県内142校が導入済み。北秋田市は最多の秋田市(64校)や由利本荘市(24校)、男鹿市(10校)、にかほ市(7校)に続いて導入が進んでいる。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る