本文へ移動

今日のニュース

北秋田市の秋田県民生協会  「えるぼし企業」に認定 女性の活躍推進

2020-05-22
「えるぼし企業」の認定通知書を手にする職員(提供=秋田県民生協会)
 女性の活躍に向けた取り組みの実施状況が優良な企業を認定する厚生労働省の「えるぼし認定企業」に、北秋田市の社会福祉法人・秋田県民生協会(佐藤修助理事長)が選ばれた。県内では4社目の認定で、県北地区では初。
 えるぼし認定企業は、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づき、女性の活躍推進に関する取り組み実施状況が優良で、一定の認定基準を満たした企業を厚労省が認定している。
 法人は市内の障害者支援施設や救護施設、老人福祉施設、保育所など12施設を運営している。パート職員を含む労働人数は2019年度時点で629人(男性275人、女性354人)。
 認定要件は、▽採用における競争倍率▽継続就業▽労働時間などの働き方▽管理職比率▽多様なキャリアケースの5項目。認定は3段階あり、同法人は全ての基準を満たして3段階目の認定を受けた。
 2016年度から女性活躍推進事業の計画を提出し、5年間の取り組みの成果が認められた。同年には女性の多かった非正規雇用の準職員を廃止し、100人近くを正職員として雇用した。係長以上の施設長補佐や施設長など、管理職に占める女性の割合は46%。産業別の過去3年間の平均値を上回った。
 今年1月に認定されたものの、新型コロナウイルスの影響により交付式は中止。4月に認定通知書が法人に送られた。成田敦事務局長は「多くの女性が法人の門をたたいてくれるようになればうれしい。今後も取り組みを続けたい」と話していた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る