本文へ移動

今日のニュース

花輪北小 おいしいお米になって 5年生が田植え体験

2020-05-22
田植えに挑戦する花輪北小の児童(鹿角市花輪)
  鹿角市の花輪北小学校(虻川真喜子校長、119人)の5年生30人が21日、同校近くの水田で田植え体験学習を行い、児童たちが昔ながらの手植えに楽しく取り組んだ。
 総合的な学習の時間の一環として毎年実施。地元の東町生産組合長を務める山本喜代宏さん(64)が今年も約10㌃の田を提供した。
 はじめに山本さんが児童たちに田植えの手本を披露。苗の塊から3、4本を取って押し込むように植えて見せながら「(本数を)いっぱい植えるのは駄目。風の通りが悪くなると、いもち病になる」とポイントを説明した。
 ほとんどの児童が田植え初体験。はだしで田んぼに入ると、泥の感触に「気持ちいい」などと歓声を上げ、升目の印に合わせて「あきたこまち」の苗を丁寧に手植えした。
 金澤虹架(にじか)さんは「泥に入って田植えをするのは結構楽しかった。おいしいお米になってほしい。腰が少し痛くなったが、農業の難しさも分かった」と笑顔で作業を進めた。
 稲刈りは10月に行う。新米は販売したり、収穫感謝祭で地域住民に振る舞ったりする予定。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る