本文へ移動

今日のニュース

緊急経済支援費など可決 北秋田市臨時議会 補正予算に2億円計上 「第2、3弾の対策も」

2020-05-21
北秋田市の臨時議会(市役所)
 北秋田市の臨時議会は20日、開会し、2020年度一般会計補正予算など専決処分9件を承認したほか、緊急経済支援事業費を計上した20年度一般会計補正予算案など議案5件を可決、閉会した。事業継続支援金などの緊急経済対策について当局は「申請の受け付け後、1週間から10日で支払いたい」との考えを示した。
 4月30日付で専決処分した20年度一般会計補正予算は、31億8066万2000円を追加し総額を263億9399万6000円とした。特別定額給付金事業費は31億4477万6000円で、市民へ支給される分となる扶助費は31億1950万円。
 児童措置費には3179万円を追加。子育て世帯臨時特別給付金として、児童手当を受給する世帯に児童1人当たり1万円を給付する。354万2000円を追加した災害対策費では、市内業者が製造した布製マスクを購入し幼児から中学生までの子ども2300人に4枚ずつ配布する。
 議案として提出した20年度一般会計補正予算案は、2億765万5000円を追加し総額を266億165万1000円とするもの。
 緊急経済支援事業費は1億9541万2000円を計上した。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う市独自の経済対策を行うもので▽事業継続支援金=1億1850万円▽緊急子育てサポート給付金=3631万円▽学生生活支援臨時交付金=3870万円―を実施する。
 また、病院事業費には663万9000円を計上。北秋田市民病院の駐車場内に帰国者・接触者外来を設置するための経費で、当局は「ドライブスルー方式で設置する」と説明した。
 議員からは事業継続支援金などの緊急経済支援について「多くの事業者が待っている。最短でいつ、もらえるのか」との質問が出され、当局は「申請後、1週間から10日で支払いたい。できるだけこの期間を短くしたい」と説明。「市の経済対策は、これで終わりか」との質問に津谷永光市長は「今回は、急ぐ必要があるものについて計上した。今後、第2弾、第3弾を考えている」などと答えた。
 財産の取得は、内部情報系パソコン134台を購入するもの。一般競争入札により、東光コンピュータ・サービス北秋田営業所と3430万9000円で契約する。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る