本文へ移動

今日のニュース

日本海中部地震 児童13人の冥福祈る 北秋田市合川 小中学生が「殉難の碑」清掃

2020-05-20
比内地鶏を使った商品をPRする関係者(県庁)
  日本海中部地震による津波で犠牲になった旧合川南小学校の児童13人の冥福を祈ろうと、北秋田市三木田の「殉難の碑」で19日、合川小学校(武石祐子校長)と合川中(嘉藤貴子校長)の児童生徒11人が清掃活動を行った。
 亡くなった児童は地震が発生した1983年当時の合川南小4、5年生。5月26日、社会科見学中に男鹿市の海岸を訪れ、津波の犠牲になった。同年11月に校舎を見下ろす高台へ碑が建立され、統合後の合川小でも慰霊活動を継続してきた。
 旧合川南小学区に住む小学4~6年生8人と、中学1年生3人が参加した。碑の周辺は事前に三木田地区の住民が清掃を実施。この日は雨天のため、ブラシやたわしを使わずに雑巾で碑と隣に建立された地蔵を丁寧に拭いていった。
 清掃後は花を供え、黙とうをささげて先輩児童の冥福を祈った。合川中1年の三浦花鈴さんは「自分で予測できない津波で命を奪われた先輩たちに安らかに眠ってほしいという気持ちを込めた」といい、「災害が起きたら自分の命は自分で守れるよう行動したい」と話した。
 合川小では「県民防災の日」の26日、地震などを想定した避難訓練を行うほか、防災について考える集会を開く。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る