本文へ移動

今日のニュース

観光交流スポーツ 新設部長に工藤氏 大館市異動 総務部長は虻川氏

2020-03-25
 大館市は24日、4月1日付の人事異動を内示した。部長級は、総務部長に虻川正裕市民部長、市民部長に石田一雄産業部長を起用するほか、福祉部長兼福祉事務所長に成田学健康課長、産業部長に日景浩樹企画調整課長、総合病院事務局長に桜庭寿志財政課長、消防長に畠山一則消防次長が昇格。機構改正で新設した観光交流スポーツ部長に工藤剛観光課長が就く。農業の6次化と林業成長産業化を加速度的に推進するため、農林課を「農政課」と「林政課」に再編した。
 異動総数は全体で413人となり、前年度に比べ130人増加した。一般職290人のうち部長級は6人、課長級35人、課長補佐級36人、係長級56人、一般職級157人。昇格は部長級4人、課長級18人、課長補佐級24人、係長級25人。医療職は総合病院55人(診療局27人、看護部28人)、扇田病院16人(診療局6人、看護部10人)。消防職52人となった。
 病院、消防を含めた3月31日付の退職者は、再任用の任期満了を合わせて47人。一方、4月1日付の採用は市役所40人(うち再任用19人)、病院13人(同8人)、消防5人の計58人となった。
 機構改正は産業部と教育委員会を再編し、新たに観光交流スポーツ部を設置。産業部は農政・林政・商工3課体制とする。農政課には農政・生産振興・農村整備3係、林政課に木材産業・森林整備2係を置き、森林環境譲与税と森林環境システム実施に伴う林政業務に対応する。
 教委は教育総務・学校教育・生涯学習・歴史文化4課、観光交流スポーツ部は観光・移住交流・スポーツ振興3課とし、女性活躍促進の観点から観光課観光振興係と移住交流課交流企画係に若手女性職員を配置した。
 北東北の交通拠点確立に向け、情報収集や人材育成を目的に一般社団法人全国道の駅連絡会(東京)へ新たに研修派遣を行う。広告代理店・電通や県企業立地事務所への職員派遣も継続する。
 第2期総合戦略の「ひとりぼっちにさせない、暮らしをつなぐまちづくり」を推進するため、福祉部内や他部局との総合的な調整を担う政策監を配置。病院事業経営改革プランや大館・鹿角医療圏地域医療構想の実現を図る「病院事業経営戦略会議」で総合・扇田両病院の総合的な調整を担う政策監も配置した。
 新規採用は前年度に続き行政事務(障害者枠)と女性消防士を各1人採用、それぞれ子ども課と消防署に配置した。
 福原淳嗣市長は会見で異動の概要を発表し、観光交流スポーツ部について「東京五輪・パラリンピック開催を見据え、スポーツを楽しむまちづくりで健康長寿を目指す取り組みや、スポーツ大会誘致による交流人口の拡大を推進する」と述べた。
【市長事務部局】
◆[部長級]
▽総務部長(市民部長)虻川正裕▽市民部長(産業部長)石田一雄▽福祉部長兼福祉事務所長(健康課長兼医薬連携室長)成田学▽産業部長(企画調整課長兼ふるさと納税推進室長兼総合戦略推進室長)日景浩樹▽観光交流スポーツ部長(観光課長)工藤剛
【市立総合病院】
◆[部長級]
▽事務局長(財政課長)桜庭寿志
【消防本部・署】
◆[消防監]
▽消防長(消防次長兼消防総務課長[消防司令長])畠山一則
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る