本文へ移動

今日のニュース

ふるさと納税6・5億円 大館市  12月分は過去最多 全国から3万5千件

2020-01-15
 大館市への2019年度ふるさと納税が12月末で6億5000万円を超えた。前年同期に比べ3%減ったものの、12月分は約2億8700万円で単月としては過去最多。充実した返礼品が人気を集めたとみられる。年度内の寄付額は、最多だった18年度(7億8605万1985円)並みと想定している。
 企画調整課によると、全国から3万5070件、6億5234万3100円が寄せられた。前年同期比6664件減、1712万6585円減。4、5、12月の寄付額は前年を上回ったが、6~11月は11~21%減った。
 寄付者の居住地は東京1万531件(1億9656万2000円)が最も多く、神奈川4707件(8571万9000円)、大阪2613件(4713万4000円)と続き、47都道府県全てから寄付があった。本県は277件(588万4000円)、県外は99・2%だった。
 寄付のきっかけは「お礼の品」が37・3%、「訪れたことがある」6・1%、「出身地または住んだことがある」4・5%、「使い道に賛同した」3%など。46・2%は回答がなかった。
 使い道は「子どもの成長支援」が7560件(1億3565万4000円)、「秋田犬のふるさと大館に関する事業」7436件(1億2809万1600円)、「環境保全・資源循環」4175件(8132万8000円)、「子どもの教育支援」3562件(7017万8000円)、「お年寄りや障害のある人が安心して暮らせるまちづくり」2623件(4920万4000円)など。指定なしは9708件(1億8720万3500円)だった。
 返礼品は294種類を登録。一番人気はコメ、次いで曲げわっぱ、きりたんぽセットなどが選ばれた。過度な競争を防ぐ新制度が6月に始まり、宣伝などの経費を寄付額の5割以下に抑えるため専門サイト「ふるさとチョイス」への掲載を継続する一方で「ふるなび」を退会。10月から「楽天ふるさと納税」を利用している。
 ふるさと納税は、出身地や応援したい市町村などに寄付すると、2000円を超える部分が所得税や住民税から控除される。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る