本文へ移動

今日のニュース

樹氷どんどん成長中 森吉山阿仁スキー場 外国人客など訪れる

2020-01-14
大きくなり始めた樹氷が並ぶ樹氷平(森吉山阿仁スキー場)
 北秋田市の森吉山阿仁スキー場で、ゴンドラを活用した樹氷観賞が始まっている。今季は雨や暖冬の影響で、例年より「アイスモンスター」の成長が遅れ、アオモリトドマツの木の形がまだ見える状態。13日は、訪日外国人客やスキーヤーらが成長中の樹氷の観賞を楽しんだ。
 樹氷は、日本海から運ばれてくる水蒸気を含んだ風が木に当たった衝撃で凍り付き、幾層にも重なることで形作られる。森吉山は、阿仁スキー場のゴンドラ山頂駅舎から徒歩5分程度の場所にアオモリトドマツが群生する「樹氷平」と呼ばれる名所があり、本格的な冬山登山用の装備がなくても観賞できるのが特徴。
 今季は1月上旬の雨などの天候が影響し、樹氷はようやく大きくなり始めた段階。それでも観賞期間が始まった11日前後から台湾やマレーシアなどのツアー客が訪れ、樹氷の前で写真を撮るなど森吉山の雪景色を満喫している。13日は時折霧が晴れて青空が見え、差し込んだ光が、育ち始めた樹氷を照らしていた。
 山頂駅舎に常駐し案内などを行う樹氷スタッフによると、樹氷の成長は「今後の天気次第。条件さえ良ければ1週間で樹氷ができる」と話す。例年は1月下旬から2月下旬までが見頃となり、樹形や樹氷の付き方によって、異なる姿のアイスモンスターが現れる。
 観賞期間は3月8日まで。期間中は市内の団体有志らによる担当スタッフがゴンドラ山頂に常駐し、樹氷平の案内や樹氷ができる仕組みを解説する。
 山頂駅舎では長靴やスノーシュー、ストックなどの無料貸し出しも受け付けている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る