本文へ移動

今日のニュース

女子リレー 八幡平が初の栄冠 全県中学スキー 男子花輪一が2連覇

2020-01-14
女子リレー、2走の畠山が3走の戸舘にトップで中継(花輪スキー場)
 最終日の13日は、鹿角市の花輪、秋田八幡平両スキー場で4種目を行い、北鹿勢は距離の男子リレーで花輪一が頂点に立ち、2連覇を飾った。女子同では八幡平が初優勝を果たした。アルペンの回転では女子の伊藤凜夢(十和田3年)の5位が最高だった。男子学校対抗は花輪一と小坂が同点優勝。小坂が2連覇、花輪一が6年ぶり。女子同は小坂が3年ぶりに栄冠に輝いた。
 女子リレーは、八幡平が鮮やかな逃げ切りを決めて初優勝を飾った。距離2冠の畠山香恋(3年)を中心に主導権を握り、後続に25秒差を付けての快勝。全県優勝の目標を軽々とクリアし、成長の可能性をのぞかせた。
 実力が拮抗した1走は、八幡平と小坂がレースを引っ張る展開に。残り1㌔で八幡平の似鳥咲(2年)がスパートを掛けると、2位の小坂に10秒差を付けて畠山に中継。似鳥は「予想以上の差」と、十分な仕事をやり遂げた。
 各チーム、2走にエース級を集めて勝負に出たが、畠山はそれを寄せ付けず、ぐんぐん後続を離した。リレー初挑戦の戸舘佳子(1年)に40秒近い貯金を渡すと、独走のまま初めてトップで帰ってきた。戸舘は「先輩たちがトップで滑ってくれた、その勢いでゴールすることができた」と満足の表情を浮かべた。
 八幡平、小坂、大館東の3チームによる接戦が予想されたが、終わってみれば八幡平の独壇場。主力の畠山だけに頼らない、総合力の高さを発揮した。
 今季の目標である「全県優勝」を通過。手応えを感じたレース後、次の目標は地元開催での「東北優勝」と声を弾ませたメンバー。畠山は「後半の上りは疲れても滑りきりたい」とチームの気持ちを引き締めた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る