本文へ移動

今日のニュース

阿仁川あゆセンター 男鹿から稚魚〝里帰り〟 県水産センターから70万匹予定

2020-01-08
体長5㌢程度に育ったアユの稚魚(阿仁川あゆセンター)
 北秋田市米内沢の阿仁川あゆセンター(萩野秀実社長)で、ふ化のために男鹿市の県水産振興センターに送られていたアユの「里帰り」が本格的に行われている。6日は体長5㌢程度に成長した稚魚約200㌔が到着し、養殖池で元気に泳ぎ回っていた。
 全国的に「アユの川」として知られる阿仁川に近いあゆセンターでは、伏流水を利用したアユの養殖事業に取り組んでいる。
 本年度は9月下旬から、採卵したアユの卵を振興センターに送り、ふ化させた。海水に含まれるプランクトンを食べて成長した稚魚はあゆセンターへ運び込まれ、10㌢程度になるまで育てられる。
 12月下旬から里帰りが始まり、6日は2度目の稚魚の運搬となった。トラック4台で稚魚約200㌔、約40万匹がトラックで運び込まれ、ホースを使って養殖池に放された。稚魚は体長5㌢ほどに成長し、池の中を元気に泳ぎ回っていた。稚魚の運搬は今月中に終わり、約350㌔、約70万匹が届く予定。
 成長したアユは、アユ釣り解禁に合わせて5月中旬から県内や岩手県、北海道の漁協に放流用として出荷するほか、釣り用のおとりアユ、あゆセンターで提供する料理や加工品として使用される。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る