本文へ移動

今日のニュース

帰りの足つかまらない 運転代行やタクシー 人手不足で「帰宅難」も 北鹿で台数減

2020-01-07
依頼を受けて飲食店に到着した運転代行業者の随伴車(大館市常盤木町)
 忘年会に続き新年会で飲酒の機会が増える中、家路に就こうとしても自動車運転代行サービスやタクシーがなかなかつかまらないケースが北鹿地方で相次いでいる。運転手不足が主因とみられ、飲食店街から離れた地域に住む人は「帰宅困難」となることも。解消のめどは立っておらず、利用する側の見直しを迫られそうだ。
 「代行さん、2時間待ちでーす」。昨年12月下旬、大館市内の飲食店。忘年会の2次会で訪れた30代男性が運転代行を頼むと、店員から申し訳なさそうに返ってきた。午後10時すぎ。タクシーでも1時間以上かかるという。その日は時間通りに代行業者が来てくれたが、別の日は「2時間半かかるかも」と聞き、車を置いて徒歩で帰宅した。一緒に飲んでいた友人は自宅まで10㌔以上と遠いため代行を待ち続けた。
 市内の代行業者によると、昨年夏ごろからこうした現象が起きている。ある経営者は「2年ほど前まで市全体で50~60台の稼働数だったが、今は30台程度」と明かす。顧客からの電話を受けて「到着まで1時間」と伝えるといったん断られ、他社の混雑ぶりを知って再び依頼が来るため待ち時間が延びるという。「こんな状態が続けば飲みに出歩く気がなくなってしまうのではないか」と嘆いた。
 早く帰りたい場合のお薦めは「事前予約」。ただ、予約を受け付けていない業者もあるため確認が必要だ。このほか飲食店から依頼するより、マイカーがある駐車場で待つ方が短縮につながる。冬道は速度を抑えて走行し、車に積もった雪を下ろしたりフロントガラスの氷を解かしたりする作業もあり、これだけで運転代行1台分を損することがあるという。
 県内の代行業者は2009年に335社あったが、昨年末は258社と23%減った。「年末年始やお盆、歓送迎会シーズン以外は飲み歩く人が少なく厳しいが、運転手を募集しても応募がない」との声が聞かれる。
 タクシー業界の人手不足も深刻だ。県ハイヤー協会大館支部によると、高齢ドライバーが次々と引退する中で新たな運転手を確保するのは難しく、パートで補ったり深夜営業を休止したりする事業所が出てきたという。
 髙橋紀博支部長が営む冨士タクシーも、運転手は6人不足の18人体制で業務に当たる。若手で60代。かつて4人で対応した深夜時間帯は現在、配車係1人に運転手1人とし、依頼を断らざるを得ないこともある。「高齢者の運転免許返納が増え、昼夜問わず需要は高まっている。地域公共交通を維持するためにも担い手を確保したい」と髙橋支部長。新年会帰りの足を確実につかまえるコツを尋ねると、「早めに切り上げることですね」といたずらっぽく笑った。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る