本文へ移動

今日のニュース

女子 北鹿対決は小坂に軍配 県ミニバス 交歓大会 男子城南は初戦で涙

2020-01-07
男子2回戦、レイアップシュートを放つ城南の菅原楓(県立体育館)
 第48回県ミニバスケットボール大会は第2日の6日、秋田市の県立、市立両体育館で男女の2回戦などを行った。北鹿勢は女子2回戦で、小坂レッドウェーブが桂城に勝利した。最終日の7日は男女の準決勝、決勝を行う。
 結果は次の通り。
 ▽男子2回戦
日 新  61―32  城 南
 ▽女子2回戦
羽 後  59―56 上小阿仁
小 坂  64―37  桂 城
      (北鹿関係分)
 2回戦で秋田市2位の日新に挑んだ男子城南は32―61で敗退。杉江大雅主将(6年)は「気持ちの弱さや焦りがプレーに出た。もっと力を出せていたら」と唇をかんだ。
 試合は前半から猛攻を受け、第2クオーター終了時点で14点差。城南もシュート機会には恵まれたが思うように得点に結びつかず最終的には29点の差が開いてしまった。力を十分に出し切れなかった結果に「相手は攻守の切り替えが自分たちより速く、焦りで動きが悪くなってしまった」と悔やんだ。
 畠山洋介コーチは「決めきれない気持ちの弱さが出てしまった」とする一方で「守備も一生懸命だった上、点差がついても諦めず、よく走りきってくれた」と選手たちの健闘をたたえた。
 来年は部員不足のため公式戦への出場はないという。しかし杉江主将は「人数は少なくとも練習に励み、次に出場する時までに力を高め続けてほしい」と後を託した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る