本文へ移動

今日のニュース

循環バスの運行開始 北秋田市 高齢者などの移動手段に

2019-12-02
乗客を乗せて出発する市街地循環バス(北秋田市のイオンタウン鷹巣前)
 北秋田市の市街地循環バスが1日、運行を開始した。高齢者などの移動手段の確保を目指し、鷹巣地区で導入したもの。今後、専用車両の導入なども検討しており、市は「多くの人に利用してほしい」と呼び掛けている。
 循環バスの運行は、市が2017年3月に策定した市地域公共交通網形成計画の中で「導入を検討する」としていた。16年度から18年度までの3年間、計3回の実証運行を行ってきた。
 この結果「需要はある」と判断し、通年運行を決定。栄中綱の国道105号沿いにあるイオンタウン鷹巣を起点・終点に、高野尻、東中岱、南鷹巣、宮前町の各公営住宅団地を周回。いとく鷹巣ショッピングセンターや鷹巣駅前、市役所前に停留所が置かれるほか、市民ふれあいプラザコムコム前は2回、停車するルートとした。
 便数は、平日が午前9時から午後3時までの1時間ごとにイオンタウンを出発する計7便、土曜・日曜と祝日は正午と午後2時発を運休する5便。運賃は大人100円、小学生と障害者手帳所持者は50円に設定した。
 運行初日は、初便に合わせて市や運行を委託された秋北バスの関係者らがイオンタウン鷹巣のバス停前に集まり、出発を見送り。バスの前面と側面には「市街地循環バス」と表示されたほか、停留所には市ふるさと大使の「ハローキティ」が描かれたプレートが取り付けられた。
 市総合政策課は「今後、専用車両の導入や路線に愛称を付けることも検討している」などと説明。「料金も利用しやすくなるよう設定した。買い物や通院など多くの人に利用してもらいたい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る