本文へ移動

今日のニュース

新庁舎建設 工事順調、進捗20%に 大館市 旧市民体育館も姿消す

2019-10-11
基礎工事が進む本庁舎建設現場。写真奥は旧市民体育館・武道館解体工事(大館市字中城)
 大館市の本庁舎建設事業は基礎工事が順調に進み、9月末で進捗(しんちょく)率20・3%となった。現庁舎の北東側に6階建てを新築するもので、1、2階に窓口を集約、市民活動に利用できる「協働スペース」「交流モール」、議場などを配置。2020年12月完成、21年5月開庁を目指す。隣接する旧市民体育館・武道館の解体工事は地上部分がほぼ撤去された。
 新庁舎は基礎免震構造の鉄骨造り6階建て、延べ床面積7330平方㍍。建築・電気設備・機械設備の3工事を分離発注し、建築は伊藤羽州・花岡・丸山特定建設工事共同企業体(JV)が25億4826万円、電気設備は奥羽電気・大館桂・保安産業特定JVが5億2920万円、機械設備は大館桂・巽・衛暖特定JVが5億6700万円でそれぞれ落札、議会の議決を経て3月に契約を結んだ。
 深さ44㍍まで掘削し、現場で製作した杭40本を施工。7月から基礎工事が行われている。11月ごろに鉄骨工事が始まる見通し。
 1、2階は市民の利用が多い市民部や福祉部などを配置し、1階に市民協働スペース兼会議室を設ける。「大館交流モール」は執務と協働スペースをつなぎ、外部へ結ぶことでにぎわい創出を図る。子どもから高齢者まで安心して利用できるようキッズスペースや授乳室、多目的トイレ、エレベーター2基を設置する。
 3階は一つの廊下を挟んで両側に産業部の執務フロアを配置し、さまざまな利用目的に応じた会議室を確保する。4階は災害時の迅速な対応を実現するため、防災対策室を中心に市長・副市長室や総務部を近接して配置するほか、備蓄倉庫も置く。
 5階には議場や委員会室、議会事務局などを配置する。傍聴席には車いす用のスペースも確保。鳳凰山の大文字が見える展望ロビーも整備する。6階部分は機械室などを置く。
 大館城跡の桂城公園に面して開放的な協働スペースが配置されるほか、お堀を現代的に再生した「水盤」や親水公園を建物周辺に整備する。現庁舎の解体跡地を駐車場として整備し、隣接する桂城公園との一体化を図る。観光バスやタクシー、障害者用の車両などが寄りつけるスペースも確保する。総事業費は49億9050万円。
 旧市民体育館・武道館解体工事(1期)は11月下旬まで行い、大館城跡の発掘調査と体育館基礎撤去の2期工事を予定。新庁舎の開庁前に完了し、更地にしたい考え。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る