本文へ移動

今日のニュース

県商工会連合会など 創生プランおおむね順調 策定後初の評価 大館北秋、巡回相談で成果

2019-10-08
 県商工会連合会と北鹿地方を含む県内21商工会は、共通戦略・施策・事業の評価を商工会創生プラン(2017~21年)策定後初めて行い、結果を公表した。全体的に「おおむね順調」と判定。大館北秋商工会が「巡回相談の質的向上による個社支援強化」で達成率153%などと成果を上げた。海外展開や農林水産業への経営支援など課題も明らかになり、今後の推進方策に結果を反映させる。
 共通戦略は▽育て・挑戦を支える商工会▽プロ集団の商工会▽事業者が主役の商工会▽機動的・効率的な商工会▽環境変化に強い商工会―の5点。これらの達成に向け、連合会と各商工会がそれぞれ施策・事業を設定し、目標を明確化している。18年度実績を対象に達成度や有効性などの観点からA(順調)、B(おおむね順調)、C(一部未達成)の3段階で評価した。
 大館北秋商工会は19年度スタートの5事業を除く16事業のうち、A評価が12事業(巡回相談・創業支援など)、B評価3事業(販路拡大支援・消費税対応など)、C評価1事業(経営革新支援)だった。特に高い実績は巡回相談で、2420件(目標2080件)のうち実行支援・解決提案が46%(同30%以上)を占めた。会員大会の開催などで新規加入にも結び付けた。
 かづの商工会は26事業のうちA評価4事業(ホームページリニューアル・若手役員の組織化など)、B評価22事業(事業承継計画作成支援・代行業務手数料見直しなど)。事業承継の調査は順調だが、計画が進んでいないことを課題に挙げた。
 北秋田市商工会は23事業のうちA評価5事業(事業計画策定支援・手数料規定見直しなど)、B評価12事業(補助金活用による解決提案・事業承継実態調査など)、C評価6事業(承継マッチング支援・地域振興事業の改善・廃止検討など)。個社支援、商工会情報の発信、職員の質的向上に成果が見られた。一方で「苦手とする取り組みが見えてきた」とした上で「進め方を再検討し、次年度以降に反映させる」とまとめた。
 上小阿仁村商工会は15事業のうちA評価6事業(伴走型個社支援・特産品磨き上げなど)、B評価8事業(事業承継意思調査・次代経営者育成など)、C評価1事業(森林資源を活用した新事業と雇用促進)。「小規模のため人員不足など課題は多いが、農商工連携などの販路拡大支援は積極的な取り組みを実施し、目標を達成できた」と総評。事業承継関連は「優先度の高い事業所からの支援に注力し、早めの取り組み喚起に貢献できた」とした。
 連合会は「地域に必要とされる商工会としてそれぞれの存在感を向上させている」と講評。評価結果について「プラン全体の方向性や今後の展開を検証する材料、推進方策に反映させるほか、次年度事業の企画・立案や次期プラン策定などに活用する」としている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る