本文へ移動

今日のニュース

馬龍講が御神輿「お迎え」 大館神明社祭典 御旅所で初の試み 歓迎の囃子奏でる

2019-09-12
御神輿と馬龍講が御旅所へ向けて運行した(大館市馬喰町)
 大館神明社祭典は本祭の11日、大館市馬喰町で御旅所(おたびしょ)へ向かう御神輿(おみこし)を馬龍講が「お迎え」した。近年は御神輿の巡幸と曳き山車の運行が別々で行われることが多いが、曳き山車が御神輿を歓迎するという本来の形に近づけようと、御旅所の当番町である馬喰町が初めて企画。にぎやかなお囃子(はやし)で「喜び」を表現した。
 御旅所は御神輿が巡幸する際の休み処(どころ)。神明社の氏子会のまとめ役となっている大町、馬喰町、中町、新町の「四町」が持ち回りで奉仕している。個人の家や飲食店が会場となり、到着すると御神体を建物の中へ入れ、休憩後は、再び御神輿へ移す。
 神明社によると、曳き山車は御神輿と共に行動するのが本来の形。曳き山車は御神輿を歓迎し、お囃子のにぎやかさは喜びを表現しているともいわれる。時代とともに単独で行動することが多くなっており、形を見直そうと、今年の当番町である馬喰町が初めて「お迎え」を提案した。
 正午過ぎ、馬喰町のスカイパーキング前の祭典事務所へ御神輿が到着すると、関係者が低頭で御神輿を迎え入れた。提灯(ちょうちん)を先頭に御神輿がゆっくり前へ進むと、馬龍講がお囃子を奏でながら風呂屋町交差点まで同行した。御神輿はその後、御旅所の「かっぽう大河」へ向かった。
 馬龍講の飯田知孝実行責任者は「御神輿と曳き山車の関係を見直し、奉納行事がただのイベントになってしまわないよう、お祭りとしての役割を果たしたかった。取り組みが来年以降も拡大していけば。初めてのことだったが、うまくやりきれたと思う」、佐藤文人宮司は「曳き山車に御神輿が迎えられることはなかったので、ありがたいこと。今後、御神輿と曳き山車のつながりが深まっていくきっかけになれば」などと話していた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る