本文へ移動

今日のニュース

声良鶏銅像 賛成少数で不採択 花輪駅前設置の請願 考える会は運動継続へ 鹿角9月議会

2019-09-12
声良鶏銅像の花輪駅前設置を求める請願などを審査した教育民生委(市役所)
 鹿角市9月定例議会は11日、総務財政、教育民生、産業建設の各常任委員会を開き、当局から所管事項の報告を受けた後、付託案件を審査した。教育民生委(舘花一仁委員長)では、JR鹿角花輪駅前にある声良鶏銅像を歴史民俗資料館へ移設する市の方針に反対している市民団体「声良鶏銅像の設置を考える会」(奈良東一郎代表)が提出した「声良鶏銅像を花輪駅前を離れることなく設置することを求める請願」について、賛成少数で不採択とした。
 声良鶏の銅像は1952(昭和27)年、全日本声良鶏保存会が国天然記念物指定を記念して設置した。花輪出身の故相川善一郎氏の作。
 駅前広場整備事業に伴い、市が駅前から離れた花輪横町の歴史民俗資料館に移設する計画だが、考える会は「鹿角のシンボルとして市民に親しまれてきた」と駅前への設置を求め、要望や署名活動を行っている。署名は11日までに707人分が集まった。
 9日の一般質問で児玉一市長は銅像移設について「歴史民俗資料館は旧鹿角郡公会堂をまちのシンボルとして残してほしいという市民の声をもとに、文化財を生かしたまちなか観光の拠点として整備した。声良鶏の銅像が移設されることで、市の二つのシンボルが同じ場所にそろうことから、施設の魅力向上が図られる」との考えを示している。
 教育民生委では、考える会の請願について委員長を除く委員5人が意見を述べた。
 このうち金澤大輔委員は不採択の立場から「駅前設置の要望書を提出された方々の思いも真摯(しんし)に受け止めるべきだが、教育面、保存・伝承していく使命、将来的な銅像の管理等も考慮した上で、歴史民俗資料館という新天地で鹿角市のシンボルとしての役割を果たしてもらいたい」と述べた。
 採択の立場の田口裕委員は「駅前広場の広くなった場所に銅像を置くことが、そんなに問題になるのか。どうしても資料館に移設する意味が分からない。声良鶏の『市の鳥』としての位置づけや、市民の声、活動された方々の気持ちを大事にするべきだ。再度、駅前設置を検討してもらいたい」とした。
 採決の結果、賛成は田口委員1人で不採択となった。
 傍聴した奈良代表ら会員3人は「不採択となったことや、賛成者がたった1人だったのは残念。一応結果は出たが、市民の強い思いを無視してもらいたくない。議員とも話し合いたい。資料館に移ったとしても、駅前に戻るよう粘り強く運動していきたい」と話した。
 この日、3人は市長との面会などを要望する文書を市に提出した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る