本文へ移動

今日のニュース

北秋田市 市内全域に拡大へ 伊勢堂岱遺跡景観条例 世界遺産へ環境整備

2019-09-11
 北秋田市は伊勢堂岱遺跡景観条例の規制対象範囲を拡大する方針を示した。同遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指す上で、規制を遺跡周辺に限定した条例を2017年4月に施行済みで今後は市全域とする見込み。市は「保護の最重点は遺跡。市全域の規制は現行条例より緩やかな内容になる」としている。
 景観条例は縄文時代後期の大規模祭祀(さいし)場である遺跡の景観を守る目的で制定した。景観を壊すような建築物や開発行為は届け出制度によって規制、変更の誘導を図る内容。
 指針となる景観計画に、規制の基準について建築物の場合「高さ13㍍」などと明記してある。色彩なども規制対象。主な規制の範囲は遺跡から同心円状の約100㌶としていた。この範囲を遺跡の「緩衝地帯」と位置付け、遺跡と一体的な景観として守っている。
 市は規制対象範囲をさらに広げようと景観計画策定業務委託費(473万円)を一般会計補正予算案に計上し、開会中の9月定例議会に提出した。
 津谷永光市長は定例会見で、遺跡のある13自治体で同様の条例改正に取り組む方針を明らかにした。世界遺産登録に向け、文化庁から拡大の指導があったという。多くの市民が日常生活を送る住宅地や商店街なども含むことになるが、拡大前の建築物などは規制対象にならず、規制内容も現行より緩やかになる予定。
 市生涯学習課は「規制内容については今後業者と協議する」とし、現行と同様に罰則を設ける予定はないという。本年度中の計画完成を目指している。2020年度の市都市計画審議会で承認を受けた後、景観条例改正案の提出を見込む。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る