本文へ移動

今日のニュース

保育所 施設の再編を検討 児玉市長 「利便性考慮し進める」 鹿角市9月議会一般質問

2019-09-11
3議員が一般質問を行った9月定例議会(市役所)
 鹿角市の9月定例議会は10日、前日に引き続き一般質問を行った。保育所の再編について、児玉一市長は「老朽化した一部施設を廃止し、利便性を考慮したい」と答え、施設再編を進める考えを示した。花輪北・平元小統合計画の校名と校歌の決定に対し、議員から「児童の思いを考慮したのか」と強い不満の声が出た。
 質問したのは金澤大輔議員(鹿真会・公明)、中山一男議員(清風会)、倉岡誠議員(誠心会)の3人。保育所再編は中山議員が取り上げた。児玉市長は「保育サービスの質を確保する一つの手法として、施設の再編を検討している」と再編に言及した。
 公立保育所5カ所と認定こども園2カ所のうち、「老朽化した一部施設を廃止し、登園の利便性を考慮した施設再編を進めたい」と答弁した。
 県内の中学校で配置が進む部活動指導員の設置を求める質問があった。畠山芳孝教育長は、5月に全中学校を対象に意向調査を行い、5競技について配置の希望があったことを報告。教職員の残業を削減する対策にもなるとして、「部活動顧問の勤務実態などを総合的に精査し、配置に向けた準備を進めていきたい」と答弁した。
 花輪北・平元小統合は倉岡議員が取り上げ、「柴平小」という校名と、校歌の決定までの経過をただした。地元に設置された再編協議会が決定したもので、校名は学区内から一般公募して決めた。校歌は花輪二中で使っているものを引き継ぐ。
 倉岡議員は、旧柴平地域以外の住民の間で校名に不満があることを紹介。校歌についても「中学生向けの校歌は、小学生にふさわしくないのではないか」と見解を求めた。畠山教育長は、協議会の場で他の事例を紹介し情報提供に努めたことを説明し、「教育委員会は、学区内のみなさんの学校に対する思いを聞かせていただく立場。協議会の決定を最大限尊重すべきであると考える」と答えた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る