本文へ移動

今日のニュース

かづのプレミアムツアー 黄金プラン「満足」8割 児玉市長答弁 鹿角市9月議会一般質問

2019-09-10
プレミアムツアーの実施状況などをただした一般質問(市役所)
 鹿角市の9月定例議会は9日、本会議を再開し、3議員が一般質問を行った。市が本年度の観光事業の目玉に位置付け、先月、花輪ばやしなどの期間中に実施した「かづのプレミアムツアー」の参加者人の感想について議員がただしたのに対し、児玉一市長は「約8割から『満足』との評価をいただいた」と説明した。
 質問したのは兎澤祐一(鹿真会・公明)、田中孝一(清風会)、成田哲男(誠心会)の3氏。プレミアムツアーは成田氏が取り上げた。
 ツアーはユネスコ無形文化遺産の大日堂舞楽や花輪ばやしをはじめ鹿角の誇る世界級遺産がセットで体感できる、これまでにない行程。かづの観光物産公社に委託し、通常から5000円~1万円割引の特別料金で販売した。
 「満喫プラン」として6~7月と来年1~2月に1泊2日コースを計6回(定員=各回20人)計画したほか、「黄金プラン」として8月20~22日に2泊3日コース(同40人)を1回実施した。
 このうち黄金プランは定員を上回る45人が参加。花輪ばやしや国重要無形民俗文化財・毛馬内盆踊りを桟敷席から観覧したのをはじめ、大日霊貴神社、大湯環状列石、史跡尾去沢鉱山で普段は行われない体験イベントやガイドを楽しんだ。また、宿泊先等では市のブランド推進のコンセプトカラーである黄金色にちなんだメニューを味わった。宿泊は湯瀬ホテルとホテル鹿角。市補助1万円の割引後の料金(同)は2万3000円。
 児玉市長は黄金プランの参加者アンケートの結果として「約7割が『内容に興味があった』と回答、約8割が『満足』と評価した」と説明。
 自由記述欄には「訪問先での専門的な説明が良かった」「この地域の歴史的な文化水準の高さを感じた」との意見があった半面、「ゆったりと時間をかけてそれぞれを堪能したかった」「食事やホテルの滞在時間がもう少し欲しかった」などの声もあったといい、今後の改善点とした。
 一方、満喫プランは6月29~30日、7月20~21日、27~28日に設定。祭り観覧はないが、道の駅かづのでの花輪ばやし実演の見学や、大日霊貴神社、大湯環状列石、史跡尾去沢鉱山を巡る内容で、宿泊は大湯温泉郷の5施設から選択。市補助5000円の割引後の料金は1万8000円と1万6000円の2種類。
 成田氏はこの満喫プランが人数不足のため中止となった要因を質問。児玉市長は「2人以上の申し込みを基本とし、単身者の受け入れをお断りしたことが一つの要因」とし、「両プランを比較した際、インパクトに欠けてしまったことも否めない」と答弁。「今回、本格的な着地型旅行商品を造成したことで、課題や改善点も確認できた。魅力あるツアーの造成につなげたい」とした。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る