本文へ移動

今日のニュース

「山の日」に八幡平の自然を体感 ツリークライミングなど楽しむ

2019-08-12
 「山の日」の11日、国立公園八幡平の豊かな自然に親しむ「まるごと八幡平〝体感〟イベント」が鹿角市の八幡平ビジターセンターなどで行われた。大勢の観光客が訪れ、ツリークライミングや大沼周辺のミニガイドウオークなど、八幡平ならではの山の魅力を体感した。
 十和田八幡平国立公園の八幡平地域指定60周年を迎えた2016年から鹿角市が主催している。かづの観光物産公社と八幡平温泉リゾート協会の共催。
 ツリークライミングは、専用の道具を使って安全に木に登ることができる米国発祥の体験活動。後生掛(大沼)キャンプ場にあるブナの大木(高さ20㍍弱)に挑戦した。
 設置されたロープを登り切れば、ビルの4階に相当する地上12㍍に達する。「ツリークライミングクラブやまねっこ」(岩手県滝沢市)のオフィシャルインストラクター、森匡弘さんらが講師を務めた。参加者はロープの使い方を教わった後、ゆっくりと登り始め、自然を体感していた。
 昨年も参加したという同市花輪の村山絢音さん(小学5年)は「少し怖かったけど、楽しかった。上からの景色がよかった」と話した。
 このほか、売店、クラフト体験、ハーモニカコンサートなどが行われた。
ブナの大木でツリークライミングを楽しむ参加者たち(大沼のキャンプ場)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る