本文へ移動

今日のニュース

6月のニュース

食品加工施設購入 菜種、ソバの乾燥施設に 小坂町6月議会開会 改修費など予算計上

2019-06-12
菜種、ソバの乾燥調整施設として活用される予定の旧食品加工施設(上向谷地端)
 小坂町6月定例議会は11日開会し、菜種とソバの乾燥調整施設として活用する旧食品加工施設の改修費などを盛り込んだ2019年度一般会計補正予算案など議案14件、報告2件を上程、金属鉱業研修技術センターの職員住宅を廃止する条例制定案など10件を承認、可決した。乾燥調整施設は今年の刈り取り時期に間に合わせるため、9月末までには整備を終えたい考え。
 町は今年3月、上向字谷地端地内の町有地に建てられた旧食品加工施設を237万円で購入。町内の菜種、ソバの生産拡大に伴い、旧食品加工施設を乾燥調整施設として活用することを計画した。補正予算案に施設改修費1890万円、設備設置工事費1533万円、フォークリフト購入費267万円を措置した。
 現在の生産規模は菜種が生産者6戸、生産面積約9㌶、ソバは32戸、約47㌶。今定例議会での議決を経て早急に工事着手し、整備を進めたい考え。9月定例議会で施設の設置条例案を提出し、供用開始を目指すという。
 承認された町税条例、町国民健康保険条例などの一部改正の専決処分は、関連法律などの改正に伴い整理した。
 可決議案のうち、町放課後児童健全育成事業の設備、運営に関する条例の改正は、指定都市の長が行う認定資格研修の修了者も、町内で実施される同事業に支援員として従事できるようにした。町営住宅設置条例の改正は、北あけぼの住宅と、南あけぼの住宅を4戸ずつ用途廃止し、金鉱研職員住宅2戸を用途変更して単独住宅に追加した。
 町政報告で細越満町長は、今年のゴールデンウィークの入り込み客について「十和田湖の主要宿泊施設の宿泊者は5451人で昨年と比べて約19・6%の増。小坂鉱山事務所が2590人で約38%増、小坂鉄道レールパークは3622人で約98%の増だった」と報告した。
 レールパークのディーゼル機関車の不具合については、「ブレーキパッドの摩耗による走行不能が2台、残る1台はエンジン冷却水の液漏れと逆転機の作動不良が発生した」とし、「ブレーキパッドの摩耗は年度当初に1台分の交換を終了し、もう1台は部品を発注し、7月初旬に納品予定。交換が終了次第、重連による体験運行の再開を予定している」と見通しを示した。
 冷却水の液漏れによる1台は「車両年数が経過しているため部品の調達が困難。逆転機の動作不良は故障箇所が特定できていない。運転再開の予定は立っていない。専門家の助言を受け、修繕の可能性を探りたい」と述べた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る