本文へ移動

今日のニュース

6月のニュース

大館 火事ぶれ拡大求める声 先月の相染沢中岱の火災 近隣住民、朝まで気付かず

2019-06-11
5月6日、住宅密集地で発生した火災(大館市相染沢中岱)
 5月6日午前2時30分ごろ、大館市字相染沢中岱で発生した火災は、火元の住家と車庫の2棟が全焼、隣家4棟を部分焼した。火災に際し大館市消防本部は、消火や救助活動と並行して、状況に応じて火事ぶれや安否確認を行っているが、6日の火災について近くの住民からは、高齢者世帯の増加などを理由に「逃げ遅れになっては危険」と周知範囲の拡大を求める声が出ている。
 同本部によると火事ぶれに関する規則はなく、規模や天候等に応じて現場責任者が判断し、近隣住民らに周知する。相染沢中岱は住宅密集地。署員や消防団員が火元を中心とした近隣の住宅を回った。合わせて飛び火の有無などを確認。風も弱く、経過とともに延焼が拡大する危険性がなくなったとして「発生時間も考慮して、必要以上に不安感をあおらないよう周知範囲は広げなかった」。
 一方、火元から直線距離で80㍍余りの家に住む60代女性は、サイレン音で起きたが「市内のどこかと思っていた。近隣住宅の窓に映った炎で気付いた」と話す。同町内の火元から半径100㍍前後にある複数の家で、朝まで火災発生に気付かなかったという。約200世帯のうち、半数以上が高齢者世帯。「逃げろと言われてすぐに逃げられる人ばかりではない」と周知範囲の拡大を求めた。
 この火災で救急車や消防団車両を含め計13台が出動、それぞれ現場到着までサイレンを鳴らした。同本部は「サイレンは前方に響く。たとえ到着後に鳴らし続けたとしても周知効果は薄い。情報伝達や指示の遅れなど活動の妨げにつながる可能性もある」と説明。佐々木洋一警防課長は「状況や人員によるため判断は難しいところ。発生場所近隣を中心にできるだけ多くに周知し、被害拡大防止に努める」とした。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る