本文へ移動

今日のニュース

「阿仁マタギ」 高まる認定の期待 北秋田市 日本遺産事業推進協 6月にはシンポ開催

2019-05-14
日本遺産登録に向けた事業計画を決めた総会(北秋田市阿仁庁舎)
 狩猟文化「阿仁マタギ」の日本遺産認定を目指す北秋田市の事業推進協議会(会長・津谷永光市長)は13日、市阿仁庁舎で総会を開いた。近く日本遺産認定の可否が文化庁から発表される見通しといい、阿仁マタギの持つ独自の価値を引き続き国内外に情報発信していくことを確認した。
 日本遺産は地域に根付いた風習や伝承などを「ストーリー」として同庁が認定する制度。北秋田市は2018年度に続き2度目の申請を行っていて可否の発表を待っている。
 推進協は関係機関、団体が連携して阿仁マタギに関連した観光振興、地域活性化を図る目的で18年度に設立。津谷会長はあいさつの中で、認定可否の時期について「5月末にも発表される予定」と説明。「マタギの長い歴史と文化は誇り。しっかりと情報発信し地域の発展に結び付けていきたい」と述べた。
 19年度事業計画は6月までの暫定的な内容とした。事務局の生涯学習課によると、認定の可否によって国などからの予算収入が異なり、事業内容も大きく変わるため。可否が明らかになった後で再度、会合を開いて事業計画と予算を協議する予定。
 総会時点で決定している事業は「マタギシンポジウム」(6月21日・市文化会館)の開催。推進協や市、市教委が共催する。研究者らによる記念講演やパネルディスカッションを予定している。別の団体が全国で持ち回り開催している「マタギサミット」が、直後の22、23日に北秋田市内で開かれる予定。シンポを関連事業に位置付けて周知、啓発を図る。 
 委員から「海外メディアがマタギ文化に注目し撮影にも来ている。もっと情報発信を」「マタギの文化は集落によって異なる。統一的に語れる人材が必要」などの意見が上がり今後の検討課題となった。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る