本文へ移動

今日のニュース

5月のニュース

温かい食事出せない… 地元シェフがピンチ救う 大館少年自然の家 食堂調理など受託

2019-05-13
厨房で夕食を調理する中田さん(大館少年自然の家)
 大館少年自然の家(武田俊一所長)で、年度が替わっても食堂の委託業者が決まらない窮地を、レストラン・アンシャンテ(大館市観音堂)のオーナーシェフ・中田健一さん(45)が救った。食堂での調理と野外炊飯の食材提供を、店の経営と並行して担う。
 自然の家によると、食事提供は主に朝食や夕食。日中の調理を主とする学校給食とは大きく異なる勤務時間を要因に、「時給を上げても集まりづらい」という声が業者からあるという。
 人口減少による各事業所の人手不足なども要因。前年度は、委託先と「提供食数が15人以下の場合は人を出せない」ことを約束した。同所から小学校に通う主催事業・宿泊通学学級が該当し、職員や参加児童が料理した。「自炊という事例の一つになった」(職員)ものの、児童の睡眠・学習時間への影響がなかったとは言い切れない。
 自然の家は、前年度以前の業者にも声をかけたが、前向きな返答は得られず。食事に替わる弁当の注文先や、団体が食材を持ち込んだ場合のみの野外炊飯場所の提供も検討した。
 話を聞いた中田さんが手を挙げた。子どもが主催事業の常連という縁が後押ししたという。「栄養士さんと協力連携を図りながら、子どもの活動や記憶に残る体験を支えたい」と意気込む。次年度以降も継続する意向も示した。
 同所は6月ごろから小学校の自然教室など児童生徒の受け入れがピークを迎える。年度内の1日の利用者最大値は、現時点で170人程度。中田さんは過去のホテル勤務の経験から「厨房(ちゅうぼう)に慣れれば可能。効率化を図る」と前向きだ。
 4月、本年度受け入れの皮切りで青森県平川市の尾上中学校1年生ら97人が来所。初日から昼の野外炊飯の食材準備、夕食の食事提供と早速フル稼働となった。1泊2日の滞在中、計3食を食堂で提供した。
 武田所長は「弁当なども検討した中で、ホッとしている。利用者にはおいしく温かいものを食べてほしい」と感謝した。
 中田さんは、同所で食器等を洗うパートを募集している。勤務は自然の家厨房、時給800円から。問い合わせはアンシャンテ(?0186・59・9363)。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る