本文へ移動

今日のニュース

5月のニュース

散歩経路を緊急点検 鹿角署 大津市の死傷事故受け

2019-05-11
署員の指摘を受け、交差点での安全対策を確認する保育士ら(鹿角市花輪)
 大津市の県道交差点の歩道で散歩中だった園児らの列に車が突っ込み、16人が死傷した事故を受け、鹿角署は10日、鹿角市の中心部にある花輪さくら保育園の周辺道路で緊急点検を実施した。署員と同園の職員らが散歩コースを歩いて再点検し、さらなる安全性の確保に努めた。
 点検したのは、普段の散歩経路となっている同園から交通量の多い国道282号を通り、道の駅かづのまでの約700㍍。同園の青澤義子園長ら保育士3人に同行してもらい、同署交通課の署員4人、道路管理者の県鹿角地域振興局の職員3人が普段の散歩時の状況を聞き取りしながら、危険箇所を確認。交差点での安全対策について、署員から車道と距離を置くことなどがアドバイスされた。
 今回の園児が巻き込まれた悲惨な事故は、園側が安全に配慮していた中で起きただけに、戸惑いも広がっている。青澤園長は緊急点検を踏まえて、13日に開く職員会議で「子どもたちが事故に巻き込まれないよう、職員全員で危険箇所を把握し、現在ある散歩マップの見直しを考えている。先生たちの安全意識を高めていきたい」と安全対策を徹底する考えを示した。
 市からの委託で市内の認可保育園を管理運営する市子ども未来事業団は9日、各園に対し口頭で散歩時の注意を喚起。一方、小坂町にある唯一の保育園小坂マリア園は、事故があった8日に職員会議を開き、散歩など園外活動の安全を再確認している。
 同署は今後、管内全ての保育園を巡り、散歩コースを点検する方針。木元豊交通課長は「合同点検で得られた危険箇所や意見を参考にし、子どもたちの安全な通行確保のための対策を検討していきたい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る