本文へ移動

今日のニュース

4月のニュース

大館市長選 現職・新人一騎打ち 市政継続か転換か 市議選 3人超の激戦

2019-04-15
 任期満了に伴う大館市長・市議選が14日、告示された。市長選は新人と現職の2人から立候補の届け出があり、一騎打ちの構図が確定。市議選は定数26を3人上回る29人が立候補し、7日間の選挙戦に突入した。投開票は21日に行われる。
 市長選に立候補したのは、届け出順に新人で元女性誌編集長の麓幸子氏(57)=比内町扇田=と、現職で再選を目指す福原淳嗣氏(51)=柄沢字狐台。いずれも無所属で、前回選と同様に新人が現職に挑む形となった。同選挙に女性が立候補したのは1951年の市制施行以来初めて。
 麓候補は御成町3丁目地内で出陣式に臨み、第一声を上げた。支持者約100人(主催者発表)を前に「皆さんの声に耳を傾け、課題や困りごとを解決する」とした上で、「住民参加の仕組みをつくり、大館に暮らす全ての人が一生現役で活躍できるまちを目指したい。市民の生活を守り、産業を振興させて豊かで温かい街をつくる」と訴えた。この日は比内地域を重点に選挙カーを走らせた。
 福原候補は向町の事務所前で出陣式を行い、支持者約200人(主催者発表)を前に「4年間紡いできた政(まつりごと)の形は間違っていない。大館がふるさと秋田をまとめ、新しい未来をつくり出す。未来に対する夢と希望、期待感が私たちの原動力。感謝の気持ちを持って、これからも皆さんと市政に取り組みたい。最後まで支持の輪を広げてほしい」と第一声を上げた。この後、市中心部などを遊説した。
 市議選の定数は現行28から2削減する。現職23人、元職3人、新人3人が立候補を届け出た。党派別では公明2人、社民2人、共産1人、無所属24人。各候補は市内各地を回り、人口減少が続く地域の活性化や産業振興などを訴えた。
 市選挙管理委員会が13日時点でまとめた有権者数は6万3211人。期日前投票は15日から20日まで▽市役所本庁▽比内総合支所▽田代総合支所▽いとく大館ショッピングセンター(SC、2階)―の各投票所で行われる。投票時間は本庁と両支所が午前8時30分から午後8時、いとくSCは午前10時から午後7時。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る