本文へ移動

今日のニュース

3月のニュース

産科医を鹿角に 全国1500人にDM 23日 市民参加で宛名書き

2019-03-18
 鹿角市は、全国の産婦人科医に同市での勤務を呼び掛けるダイレクトメールを発送する。対象は約1500人で、宛名は「手書きの開封率が高い」として、市民参加による宛名書きのイベントを23日に開く。
 鹿角地域で唯一出産を受け付けていた、かづの厚生病院の出産取り扱い機能は昨年10月、大館市立総合病院に集約された。産婦人科医を派遣する大学側の方針によるもので、医師不足が大きな要因。
 集約への対応策として、市は市立総合病院に通院する際の交通費と宿泊費を支援する助成制度を創設。分娩(ぶんべん)再開へ向けて、「鹿角の産婦人科を守る会」など民間団体と協力しながら、医師確保に力を入れている。
 ダイレクトメールの発送は、医師確保策の一環。東北6県を除く、全国の大学病院などに勤務する産婦人科医約1500人に、鹿角市での勤務を呼び掛ける。
 宛名は印字されたものより、手書き方が開封する率が高くなると言われている。市民参加によって宛名を手書きしようと、イベントを開くことにした。
 23日午前9時から午後5時まで、コモッセのこもれび広場で行う。守る会の協力を得てのイベント。担当の市いきいき健康課は「可能な時間に来場して、協力してほしい」と参加を呼び掛けている。問い合わせは同課(電話0186・30・0649)。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る