本文へ移動

今日のニュース

3月のニュース

さようなら山館児童館 50年の歴史に幕 少子化進みまた一つ 大館

2019-03-17
スライドショーで行事を振り返り別れを惜しんだ卒園式(山館児童館)
 大館市山館児童館(関口愼一館長)の最後の卒園式、修了式が16日、同館で行われた。園児7人、保護者や地域住民らが集い、50年の歴史を振り返りながら、閉館を惜しんだ。
 同館は昭和44(1969)年2月に竣工。同年4月、第1期25人の子どもたちを迎え開園した。同市によると、本年度までの卒園児は583人。同58年頃には約50人が通ったのをピークに、少子化などの影響で園児が減り続け、現在は7人が通っていた。集団保育事業を行う市内の児童館は16年度末に松峰、17年度末に天下町が園児の減少により終了している。
 在園児、保護者ら約30人が出席した卒園式には、年長児2人が袴姿で登場。壇上で保育証書を受け取った後、友だちや教職員に向け、感謝を述べた。その後、出席した両親に「お弁当を作ってくれてありがとう」などと言い、「立派な小学生になる」と今後の目標を発表した。関口館長は式辞で「児童館はなくなるが、皆さんの心の中にきっと長く生き続けることでしょう。(卒園児には)たくさん友だちをつくって、早く小学校に慣れてくれることを期待している」と述べた。
 お別れのことばでは、スライドショーで行事を振り返り、卒園の2人が思い出を発表。「またいつか皆で会いましょう。さようなら山館児童館」と声をそろえた。続いて全員で「たいせつなともだち」を歌った。思い出に浸ったり、涙を流したりして閉館を惜しんでいた。
 式後、修了式が行われ年中児までの5人が証書を受け取った。午後からは閉館式があり、福原淳嗣市長が近隣町内会の代表者などに感謝状を贈った。壇上に投影された写真で50年の歴史を振り返った。
 卒園児以外の子どもたち5人は今後、近隣のこども園などに移る予定。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る