本文へ移動

今日のニュース

3月のニュース

北秋田 「四季美湖公園」PRを 森吉山ダム 地域活性協 新年度の活動方針協議

2019-03-16
四季美湖まつりの開催など活動を報告した協議会(コムコム)
 第8回森吉山ダム水源地域活性協議会(会長・日野智秋田大准教授)が15日、北秋田市民ふれあいプラザコムコムで開かれ、2019年度の活動方針を協議した。昨年、愛称が決定した様田地区の「四季美湖畔公園」のPRを図る。
 森吉山ダム周辺の地域資源を活用した水源地域の活性化を図るため、地域住民や行政、活動団体で構成する「森吉山ダム水源地域ビジョン実行委員会」の活動報告を基に意見交換を行っている。
 市、県、能代河川国道事務所、地元自治会、商業・観光団体など11人が出席。津谷永光市長は「奥森吉の玄関口として観光やレクリエーションの拠点となるよう、森吉山周辺の宝を磨き上げながら、多くの人に来てもらえるよう頑張っていきたい」とあいさつした。
 佐藤慶博委員長や事務局が本年度の活動を報告。毎年開催している森吉四季美湖まつりは、開催時期を9月にずらして実施。当日の来場者数は1630人で、過去最高を記録した。事務局はアンケート結果から、「ダムのライトアップなど新しいイベントの効果で、地元の新たな来場者の掘り起こしができた」と話した。
 来年度の活動方針は、「地域住民が楽しく笑顔で活動し、新しい活動にチャレンジしたいと思うような元気のある水源地づくりを行う」とした。四季美湖まつりのメイン会場をダム広報館から四季美湖畔公園に変更し、公園のPRを図ることを検討している。
 佐藤委員長は「地域全体で四季美湖畔を育てよう!」をキャッチフレーズに掲げ、「将来的に北秋田市の憩いの場にしていきたい」と展望を語った。報告後は出席者が水源地域の活性化について意見を交わした。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る