本文へ移動

今日のニュース

3月のニュース

全日制 北鹿7校に759人合格 公立高校 一般選抜 2次募集は7校10学科

2019-03-14
両手を挙げて、合格を喜ぶ受験生(十和田高校)
 2019年度県公立高校入試の一般選抜合格発表が13日、各校で行われた。北鹿地方では雪が舞う中、〝春〟をつかんだ生徒たちが歓喜の声を上げた。県教委のまとめでは、北鹿で全日制7校に759人、大館鳳鳴定時制に15人が合格した。定員に満たなかった学科は2次募集を行う。
 大館市内3校では午後4時の発表時間に合わせて受験生や保護者、中学校の教員らが集まり、校舎玄関に受験番号が張り出されるのを今か今かと待った。合格を知った瞬間、受験生たちは「やったー」とガッツポーズをしたり、友人らと抱き合ったりして喜んだ。涙する生徒の姿もあり、歓喜、安堵(あんど)、家族や恩師への感謝などさまざまな感情が交錯した。
 大館桂桜機械科に合格した佐藤勝希さん(15)=大館南中=は試験後、手応えは感じつつも不安な1週間を過ごしていたといい、ホッとした様子。「ものづくりに興味があり、専門性を身に付けたい。中学に続いて野球部に入り、たくさん努力して早く上達したい」と笑顔を見せた。
 県教委によると、北鹿の全日制は7校14学科(くくり募集は1学科と数える)のうち、6校10学科で受験者全員が合格した。
 県内の全日制は5601人を募集し、5185人が受験、4881人が合格。実質倍率は前年度比0・01㌽減の1・06倍だった。定時制は381人を募集し、174人が受験、146人が合格した。
 北鹿で2次募集を実施するのは全日制7校10学科と、定時制鳳鳴。全日制は花輪普通、十和田普通、小坂普通、同環境技術、大館鳳鳴普通・理数、大館桂桜電気、大館国際情報普通、同国際情報、秋田北鷹普通、同緑地環境で計137人を募集する。定時制鳳鳴は普通2科合わせて54人。15日から16日午前11時まで願書を受け付け、19日に面接等を実施。合格発表は22日。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る