本文へ移動

今日のニュース

大館市長選 無風一転、選挙戦へ 麓幸子氏が立候補へ 近く会見し表明

2019-02-22
 任期満了に伴って4月に行われる大館市長選挙に、市出身で日経BP総研フェローの麓幸子氏(57)=比内町扇田字長岡=が無所属で立候補する意思を固めた。21日、関係者が明らかにした。市長選に向けては昨年12月に、現職の福原淳嗣氏(51)=柄沢字狐台=が再選を目指して立候補することを表明。その後は無風状態が続いていたが、一転して選挙戦となることが濃厚となった。
 統一地方選の後半に組み入れられた市長選は、市議会議員選挙とともに4月14日告示、同21日投開票の日程で行われる。
 麓氏の関係者によると、今月14日に市選挙管理委員会が開いた市長・市議選への立候補予定者に対する説明会の時点では、「市議会議員」への立候補に向けた準備を進めていた。
 しかし、市内を歩いて高齢者や若い母親、個人事業主らと話をする中で、「生活の厳しさ」を実感。「トップが代わらなければ、良くはならない」との思いが強くなり、「市長選への出馬を決意した」という。日経BP総研は3月末で退職する予定。近く、記者会見を開いて立候補を表明することにしている。
 麓氏は1962年1月生まれ。84年に筑波大学を卒業し日経BP社へ入社。2006年「日経ウーマン」編集長、12年ビズライフ局長、14年日経BPヒット総合研究所長、16年同社執行役員など歴任。14年には法政大学大学院経営学修士課程を修了した。
 市長選に向けては、現職の福原氏が昨年12月の市議会定例会の一般質問に答える形で、再選を目指して立候補する考えを表明。「ふるさと秋田、わが大館は、地域間連携において『扇の要』となる実力を持っている。こうした面をさらに加速させたい」などと述べた。後援会事務所開きなどは3月に行うことを予定している。
 前回、15年の市長選は、7期目を目指した当時の現職と2回目の挑戦となった福原氏の一騎打ちとなり、福原氏が9600票余りの差をつけて初当選した。
 今回の選挙は、1951年の市制施行以来18回目。麓氏が立候補すれば、初の女性候補者となる。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る