本文へ移動

今日のニュース

風邪封じのアメ多彩 大館アメッコ市開幕 人と春呼ぶ〝花〟映える きょうまで

2019-02-10
色鮮やかな枝アメが飾られ、多くの来場者でにぎわう会場(おおまちハチ公通り)
 約430年続くとされる小正月行事「大館アメッコ市」が9日、大館市大町のおおまちハチ公通りを主会場に開幕した。風邪封じのアメを売る露店などが連なり、名物行事も多彩に繰り広げられた。華やかな〝アメの花〟が咲く会場は、多くの観光客や家族連れらで活気にあふれた。10日まで。
 1588(天正16)年に始まったとされ、「この日にアメを食べると風邪をひかない」との言い伝えが残る。市、大館商工会議所、市観光協会でつくる実行委員会(小松彰委員長)の主催。
 「白ひげ大神が足跡を消すため吹雪を起こす」との伝説もあり、例年は悪天候に見舞われることも多いが、初日は降雪もなく、午後からは青空ものぞいた。終日氷点下の厳しい寒さとなったものの、多くの来場者でにぎわった。
 会場にはミズキにピンク、緑、黄色のアメを取り付けた「ジャンボ枝アメ」が約30本設置され、一足早い春を演出。アメを売る露店など92の出店ブースが並び、「イチゴアメどうぞ」「おいしいよ」などと客を呼び込む声が飛び交った。多種多様なアメやご当地グルメ、限定商品を買い求めるなどして、冬の風物詩を思い思いに楽しむ人の姿が見られた。
 名物行事の白ひげ大神巡行や秋田犬パレードは人だかりができるほどの注目ぶり。大館菓子協会の「からみアメサービス」には子どもらが長蛇の列を作った。曲げわっぱ太鼓演奏、音楽ライブなどステージイベントも多彩に展開された。
 最終日は午前9時から午後3時30分まで。丸まげ行列(午前11時40分)などが行われる。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る