本文へ移動

今日のニュース

「末永く活躍を」 大館がハチ公像を移設 秋田犬の里で記念式典

2019-02-09
ハチ公銅像に献花する田村さん㊧と斎藤さん(秋田犬の里前)
 大館市のJR大館駅前から、建設中の観光交流施設「秋田犬の里」前に移されたハチ公銅像の移設記念式典が8日、同施設で行われた。関係者約30人が出席し、大館のシンボルの新たな門出を祝い、今後の活躍を願った。
 ハチ公銅像の移設は、旧渋谷駅をモデルにした「秋田犬の里」建設事業に伴って市が計画。工事の進展を見ながら、昨年12月7日に約200㍍離れた新天地への〝引っ越し〟作業を済ませた。
 式典は忠犬ハチ公銅像及び秋田犬群像維持会(富樫安民会長)と市の主催。外構工事が完了し、周辺を囲っていたバリケードも撤去されて安全が確保されたため、この日に行った。当初は屋外で実施する予定だったが、強風のため会場を施設内に変更した。
 式典には市や同会、JR大館駅、秋田犬保存会などから関係者33人が出席。福原淳嗣市長は「銅像の移設が渋谷と大館の交流、秋田犬の故郷を世界に発信するきっかけとなることを祈念する」とあいさつ。関係者がくす玉を割り、移設を祝った。
 大館市南小学校3年の富樫かのんさんは「忠犬ハチ公への手紙」を朗読。「たくさんの人がハチのことを思い出してくれるといいな。私はハチ、秋田犬をずっと大好きでいる」と誓った。
 続いて屋外に移動。大館南小3年の田村陽輝さん、ハチ公生家の当主・斎藤良作さんの2人が施設前のハチ公銅像に献花した。
 富樫会長は「旧渋谷駅をモデルにした施設に移り、ハチも安心してゆっくり過ごせるのでは。今後も多くの人にかわいがってもらい、末永く活躍してほしい」と願った。
 「秋田犬の里」は4月17日から5月6日までの期間でプレオープン、5月8日にグランドオープンする。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る