本文へ移動

今日のニュース

あでやかに700点 おひなさま展始まる 大館郷土博物館

2019-02-09
華やかなおひなさまが並ぶ(大館郷土博物館)
 大館市の大館郷土博物館で8日、おひなさま展が始まった。江戸時代末期から現代までのひな飾りなどが並び、訪れた人の目を楽しませている。3月21日まで。
 同館が開館した1996年度に玄関ロビーにひな飾りを展示したことがきっかけで、毎年開催している。今回は大館の老舗料亭・北秋くらぶから借りた、1865(慶応元)年に作られた男びなと女びななど各種ひな人形に加え、慶応年間から昭和初期までの押絵びなや道具類など計700点を展示している。新蔵品として、市民から寄贈された、1936年に日本橋三越で販売されたおひなさまを展示。このほか、獅子ケ森二区婦人部の部員が制作した「つるし飾り」も展示している。
 訪れた人は、ひな人形一体一体で異なる表情や鮮やかな着物などを眺めていた。社会科見学で同館を訪れていた釈迦内小学校(大丸ふさ子校長)の3年生44人は、メモを取りながらひな人形を観察。畠山絢央(あやの)さんは「昔のおひなさまは今のひな人形とは着物が違い、碁盤などの飾り道具も多く驚いた」と話していた。
 観覧は午前9時から午後4時半。月曜休館。入館料は一般300円、高校・大学生200円、小中学生100円(市内の小中学生、未就学児は無料)。桃の節句の3月3日には「おひなさま茶会」を開き、茶道裏千家秋田支部・田村宗礼社中のメンバーが抹茶を提供する予定。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る