本文へ移動

今日のニュース

複合は成田(小坂)が8位 全国中学スキー 後半距離で9人抜き

2019-02-07
複合後半距離、8位入賞を果たした小坂の成田(吉田クロスカントリー競技場)
 第3日は新潟県十日町市の吉田クロスカントリー競技場で男女フリー、複合の後半距離、南魚沼市の苗場スキー場で男子大回転、石打丸山シャンツェで複合の前半飛躍を行った。北鹿勢は複合で成田絆(小坂1年)が8位。後半距離で巻き返し、入賞に輝いた。男子フリーは髙畑歩(花輪一1年)の43位、女子同で小鮒穂乃実(大館東1年)の20位が県勢最高だった。
 複合は成田絆(小坂1年)が8位で、前日の純飛躍に続く入賞。前半飛躍の出遅れを後半距離で挽回した。距離は2位と圧巻の滑りを披露し、9人抜きを達成した。
 前日の公式練習では4位と好成績を残したが、この日の飛躍では着地に失敗して17位。「自信を持って飛んだが、着地時の衝撃に耐えられなかった」と成田。しかし、心は折れていなかった。距離会場への移動時間を体力の回復に充てると同時に、気持ちを切り替えた。「必ず挽回する」と強い気持ちで臨んだ後半距離は序盤から仕掛けた。前の集団に付いていく作戦だったが、スタートすると先頭集団を猛追。上り坂は直前の下りの勢いを利用して加速するなど、全国の強豪を相手に2位という実力を見せつけた。
 県大会では純飛躍、複合ともに優勝。東北大会でも複合で準優勝した。本大会にも自信を持って臨んでいただけに、前半飛躍の結果は「悔しくて仕方がない」。大会を通しては「全国レベルの選手と戦って自信が付いた」と成長を実感した。
 大舞台で逆境をはね返すという経験を得たほか、着地の課題も見つかった。来季に向けて「下半身を鍛えて来年こそは優勝したい」と決意を新たにした。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る