本文へ移動

今日のニュース

秋田犬の里 4月17日プレオープン 大館市 「10連休」に合わせ 4月9日完成式

2019-02-05
大館市の観光交流施設「秋田犬の里」
 大館市は、JR大館駅前で整備を進めてきた観光交流施設「秋田犬の里」について、5月8日の「グランドオープン」に先立って4月9日に「完成式」を行うとともに、4月17日から5月6日までの期間を「プレオープン」とすることを決めた。市企画調整課は「プレオープンは、内覧会的な位置づけ。多くの市民に施設を見てもらいたい」などと話した。
 市は大館駅前を「市の顔にふさわしい観光交流拠点」に位置づけ、抜本的な整備を計画。安全で快適な駅前空間を形成するとともに、市民の利便性向上と観光客などによる交流人口の拡大につなげることを目標としている。
 「秋田犬の里」はその中心となる観光交流施設で、「秋田犬にいつでも会える」をコンセプトにしながら、大館市の観光情報を広く発信できる場として計画した。建設地はJR大館駅の南側約100㍍に広がる旧小坂鉄道跡地の市有地(約1・8㌶)。鉄骨造一部2階建て、延べ床面積1246平方㍍の建物のほか、約2700平方㍍の芝生広場や112台分の駐車場を整備。多目的広場も整備する。
 このうち、建物本体は大正時代の1920年代に存在した2代目渋谷駅をモチーフとしたもの。特徴的な高さ18㍍の時計台と大きな屋根、正面の半円形の窓などを再現した。東側の1階屋根部分には、デッキが設けられている。正面には、忠犬ハチ公の銅像が大館駅前から移設された。
 内部には観光案内所や観光物産コーナー、研修室のほか、秋田犬に関する展示コーナーや秋田犬とのふれあい施設を配置する。
 展示コーナーには「ハチ公と大館市」「忠犬ハチ公」「秋田犬のルーツ」などを紹介するパネルを配置するほか、秋田犬の身体的な特徴を解説する「秋田犬のすゝめ」「大館市の秋田犬スポット」「日本の忠犬スポット」などで構成。来場者による製作体験は、秋田犬をモチーフとしたオリジナルスタンプを使ってポストカード等を作る「スタンプアート」などを用意する。
 秋田犬とのふれあい施設は、現在の「秋田犬ふれあい処」を移す形で開設。専用の控室や遊び場「もふもふハウス」などを設置する。
 市企画調整課によると、グランドオープンは当初から5月8日としていたが、4月下旬から「10連休」となるためプレオープンの実施を検討。関係者と招待者による「完成式」を4月9日に行ったあと、4月17日から5月6日までの期間を「プレオープン」として、施設を開放することにした。
 建物の建設工事は1月31日までに終了。今後は、備品や展示物の搬入等を進めることにしている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る