本文へ移動

今日のニュース

インフルエンザ猛威 学校から家庭、職場へ 感染拡大防止呼び掛け

2019-01-24
 北鹿地方でインフルエンザが猛威を振るっている。大館、北秋田両保健所管内に「注意報」が発令される中、今週に入り、小中学校の学級・学年閉鎖が相次いでいる。大館保健所は「学校の冬休み明けから患者が増え、家庭、職場へと感染が広がっている」と話す。手洗いやマスクなど予防の徹底に加え、「早めの受診や出席・出勤停止期間を守るなど、感染拡大防止を心掛けてほしい」と呼び掛ける。
 県感染症発生情報では7~13日の1週間、インフルエンザの1定点医療機関当たりの患者報告数は大館管内が16・86人(前週5・14人)、北秋田管内が10人(同5人)と急増。大館、北秋田を含め、県内全9保健所管内に注意報が出された。
 北鹿地方では今週に入り、学校で感染が広がり、22日までに大館市、鹿角市、北秋田市、小坂町の小中学校11校で学級・学年閉鎖の措置を取ることが決まった。大館保健所健康・予防課は「冬休みが明けて1週間がたち、患者が急に増えた。学校で子どもが感染し、家庭内の家族、そして学校、職場と感染が広がっているのではないか」と話す。患者のほとんどがA型で、高熱などの症状がみられるという。
 流行期に入り、「手洗いやうがい、マスクの着用など予防接種を終えた人も含めて、一人一人が日常生活に気を付けてほしい」と強調。学校では学校医の判断で学級閉鎖などの措置が取られるが、職場では難しいため、「医師の指示に従い、出勤停止期間を必ず守ってほしい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る