本文へ移動

今日のニュース

冬道の恐さ体験 鹿角 運転初心者ら講習

2019-01-24
雪道でのスラローム走行などを体験した講習会(ふるさと館大駐車場)
 降雪や路面凍結などによる追突事故やスリップ事故が多発する冬期間の交通事故防止を目指した「雪道体験型講習会」が23日、鹿角市花輪の観光ふるさと館大駐車場であり、参加者が運転実技で雪道での滑走などを体感し、速度を抑えての慎重な運転意識を高めた。
 各事業所でつくる鹿角地区安全運転管理者協会(吉田孝司会長)、同事業主交通安全推進協会(米村茂会長)の主催による恒例事業。雪道運転の経験の少ない若手や転勤してきたばかりの社員などを対象にしており、10~60代の男女38人が参加した。
 実技では前輪駆動と四輪駆動の普通車を一人一人が運転し、速度50~60㌔で走行。急ブレーキを踏む急制動、コース内に設置されたパイロンを急ハンドルで避けるスラローム走行を体験し、予想以上に停止するまでの制動距離の長さを感じた。
 免許を取得してから初めての冬を迎えている舘花日和さん(19)は「滑ってハンドルを取られたことがある」と冬道の危険性を経験。急制動の体験では「怖かったが60㌔で走行し、なかなかうまく停止できなかった。道路状況に合わせて安全運転をしたい」と気を引き締めていた。
 鹿角署交通課の菊地隆春交通係長によると、昨冬に発生した事故のうち、3割以上が滑走事故で、約半数が追突事故だという。「信号待ちなどで止まれると思ってブレーキが遅れがちなので、あらかじめ減速して早めにブレーキをかけてほしい。ふわっとした雪でも凍結していることがあるので油断しないで」と注意を呼び掛けている。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る