本文へ移動

今日のニュース

「憩いの場の相続を」 大館の花岡温泉 地元の手で誘客目指す

2019-01-21
県道沿いに設置されたPR看板(大館市花岡町)
 大館市花岡町の「花岡温泉」を将来的に存続させようと、地元住民がPRを強化している。専門委員会を立ち上げ、減少傾向にあった利用客を呼び込むための方策に着手。看板、のぼり旗、チラシを製作し、場所や特徴が分かりやすいようにした。「憩いの場として存続させるため、地域全体で盛り上げていきたい」としている。
 花岡温泉は1968年の探鉱ボーリングでゆう出。その後住民有志が花岡川沿いの源泉隣接地に掘っ立て小屋を建て、「河原の湯っこ」として利用されてきた。
 95年、花岡地区町内会長連絡協議会が温泉を活用して地域活性化を図ろうと、住民からの寄付金を基に所有者から源泉を買い上げた。同時に、老朽化した小屋に代わる新施設の建設を市に要望。市が湯温上昇と湯量確保の工事、地元が寄付金や補助金を活用して施設建設を進め、2001年9月に「花岡温泉」としてオープンした。
 連絡協によると、オープン当初の01年から05年までは年間利用客数が述べ6万人を超えていたが、06年から右肩下がりとなり、17年は約3万人まで減った。「改善策を検討しないと経営維持が困難」と判断。18年5月に町内会長らで経営改善対策委員会を立ち上げ、方策を検討してきた。住民からも運営継続を望む声が多く、市内外から利用客を呼び込むためPRを強化することにした。
 趣旨に賛同してもらった地元企業からの協賛金、連絡協の予算で看板2基、のぼり旗10本、チラシ5000部を製作。18年9月に完成し、看板は県道沿いの花矢図書館近くに設置した。オレンジ色の旗は花岡川沿いの市道に並べ、温泉の場所が分かりやすいようにした。チラシは市内公民館や市観光協会などに置き、周知を図っている。
 連絡協の山本弘視会長は「地元住民の憩いの場として運営してきたが、市外からの利用を増やさないと成り立たない。課題は多いが、できる所から徐々に改善していきたい」と話す。
 今後も経営改善、運営継続に向けた取り組みを順次進める方針。「花岡総合スポーツ公園で汗を流した人が立ち寄れるような環境づくりも進めたい。地域全体で、住民の手で盛り上げていけたら」としている。
 「花岡温泉」は花岡川の川岸にあり、花岡公民館の北西約600㍍。営業時間は午前7時から午後8時まで。年中無休。入浴料は大人250円、子ども100円、幼児無料。源泉かけ流しで、湯温は41~42度。泉質はカルシウム、ナトリウム、硫酸鉛。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る