本文へ移動

今日のニュース

映画「デイアンドナイト」 県内で先行上映スタート ロケ地鹿角で山田さんら舞台あいさつ

2019-01-20
舞台あいさつを行ったキャスト・スタッフら(コモッセ)
 鹿角市がメインロケ地となった映画「デイアンドナイト」の先行上映が19日から、同市のコモッセで始まった。初日はキャスト・スタッフら5人の舞台あいさつが行われ、プロデューサーを務めた俳優・山田孝之さん(35)は「感無量」とこの映画に込めた思いを語った。全国公開は26日から。
 「デイアンドナイト」は「人間の善と悪」がテーマ。家族の命が奪われ、自らの善悪に翻弄(ほんろう)される者たちの物語で、ロケは一昨年11月、鹿角市や三種町、秋田市で行われた。地元オーディションで選ばれたキャストやエキストラ、ボランティアも参加。鹿角市では市民らでつくる実行委員会が炊き出しなどで製作を支援した。
 先行上映はコモッセや大館市の御成座など県内各地で開催。舞台あいさつは1回目の上映後と2回目の上映前に行われた。
 企画・主演の阿部進之介さん(36)は「秋田の方々がこの映画を作ったといっても過言ではない。自分事のように体感していただきたい」、共演の安藤政信さん(43)は「1年ちょっとぶりに戻ってきた鹿角の匂いが懐かしくて感動した」、監督の藤井道人さん(32)は「宝物のような映画が出来上がり、10年、20年、30年と残るように宣伝していく。この町をもっとたくさんの人たちに知っていただけるよう願っている」。
 山田さんは「鹿角の皆さんに協力していただいたおかげで本当に強い映画ができた。鹿角に戻って、皆さんに完成した映画を届けることができて感無量」と喜んだ。
 山田さんの友人で、映画館のない地域や被災地に映画を届けるプロジェクトに取り組んでいる俳優・映画監督の齋藤工さん(37)がサプライズゲストとして登場。「この映画は日本映画の礎となる素晴らしい作品」と絶賛した。
 鹿角市の女性(27)は「言葉では表せない、心の中にドンと響く映画だった。ロケ地に県外の方も来てくれればうれしい」、同市の男性(40)は「自分の家族と置き換えたら突き落とされるような映画だった。地元で撮影されてうれしいし、いろんな人が来てにぎわってほしい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る