本文へ移動

今日のニュース

安全・安心な給食を 鹿角市学校給食センター 関係者が竣工式典

2019-01-12
給食センター会議室で行われた式典

 鹿角市が市役所南側の花輪字家妻に建設した学校給食センターの竣工記念式典が11日、同施設で行われた。関係者約30人が参加し、これまで以上に安全・安心な給食を提供できる環境を整えた新施設の完成を祝った。4月から業務を開始する。
 現在の学校給食は、八幡平小付近にある南学校給食センターと十和田中付近にある北学校給食センターの共同調理場2カ所と、花輪一中の自校式給食施設で提供している。
 これらの施設はいずれも老朽化が進行。改正学校給食法の衛生管理基準に沿う施設の整備が必要となっている状況も踏まえ、各給食施設を廃止・集約し、新設した学校給食センターからの供給に切り替える。
 建設用地は農業総合支援センターの南側にある私有地を買収。敷地面積は4526平方㍍。建物は鉄骨造2階建て、延べ床面積1997平方㍍。
 汚染作業区域(食材の検収室、下処理室、食品庫、返却された食器・食缶等の搬入場等)と非汚染作業区域(調理室、配膳室、食器・食缶の搬出場等)の区分けをはじめ、エアカーテンの設置、調理業務従事者の専用トイレ・手洗い設備の整備、アレルギー対応食専用の調理室の設置、多様な炊飯メニューによる献立の多様化など、食中毒の発生防止対策や衛生管理体制の強化、機能の充実を図った。最大で約2400食の調理が可能。
 2階会議室から調理作業を見ることができる見学窓を設けるとともに、大量調理に対応できる回転釜の展示や手洗い体験の実施など食育の推進を図る。
 2016年度に事業着手し、用地取得、造成工事などを経て、17、18年度に施設建設工事、備品購入などを行った。総工事費は11億1600万円余り。
 この日は神事に続いて式典を行い、児玉市長が「今後も子どもたちの笑顔につながるおいしい給食の提供に努めていきたい」とあいさつを述べた。内覧会も行い、訪れた市民が新施設を見て回った。

印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る