本文へ移動

今日のニュース

積雪無くシーズン入り 森吉山阿仁スキー場 関係者が安全祈願

2018-12-06
シーズン中の無事を願う関係者たち(森吉山阿仁スキー場)
 北秋田市の森吉山阿仁スキー場で5日、シーズン入りを告げる安全祈願祭が行われた。暖かい日が続いたため、ゲレンデの積雪はまったくなく、営業開始の8日と同時に初滑りを楽しむのは微妙な状況。運営するNPO森吉山(片岡信幸理事長)や行政関係者ら約40人が早期の積雪とシーズン中の無事故、繁盛を祈った。
 NPOによると、標高約1100メートルのゴンドラ山頂駅付近は今月初旬まで5センチ程度の積雪しかなく、その雪も3、4日の暖気で解けてしまった。ゲレンデは草の緑色に覆われ、まとまった雪を待つ状態という。
 それでも、週末にかけて雪が降る予報となっているため、関係者は安全祈願祭に臨み、リフトが緊急停止した想定で乗客の救助訓練を実施。準備を整えていた。
 このほか、市とキャラクター使用のライセンス契約を結ぶ「ハローキティ」のステッカー付きゴンドラが公開された。デザインはトレードマークのリボンなどで、窓ガラスや外壁に貼られている。市商工観光課によると、ゴンドラ内で写真撮影しSNSで情報発信してもらうことを期待している。計20基ある。
 阿仁スキー場はひと冬に3~4万人が来場するレジャースポット。山頂付近に林立する樹氷が近年関心を集め、台湾など海外からも観光客が訪れている。昨冬は積雪が多く12月9日の営業開始と同時に滑走できたという。ゴンドラの運行は午前8時30分から午後4時まで。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る