本文へ移動

今日のニュース

末広小の伝統残そう 鹿角・十和田小5年生 親子レクで「餅つき大会」

2018-12-05
餅つきを楽しむ児童(十和田小)
 鹿角市十和田小学校(大丸孝嗣校長、280人)で4日、来年4月に同校と統合する末広小の伝統行事を引き継ごうと、餅つき大会が行われ、児童らが元気にきねを振るった。
 末広小の餅つき大会は、県健康優良学校として表彰されたのを記念して1981年から毎年、継続開催されてきた行事。2日には末広小としては最後の大会がにぎやかに行われた。
 この伝統行事を引き継ごうと、十和田小の5学年PTA(成田美代子部長)が親子レクリエーションとして餅つき大会を計画した。学校の倉庫の奥から何年も使っていなかったといううすを引っ張りだし、きねは十和田市民センターから貸してもらった。
 児童35人と保護者ら約40人が参加。餅米は4升用意した。児童たちは交代で餅つきに挑戦し、きねを持つ手に力を込めて元気いっぱい振り下ろした。会場の家庭科室に熱気が立ちこめる中、餅はあんこ、きな粉、甘じょうゆで調理され、みんなでおいしく味わった。
 工藤椋哉さんは「餅つきは初めてだったが、楽しくていい経験になった。餅もとてもおいしかった」と笑顔を見せた。
 成田部長は「子どもたちが楽しんでくれたので良かった。餅つき大会はどういう形になるのか、まだ決まっていないが、何らかの形で引き継いで残していければいいと思う」と話していた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る